Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

山羊汁、初体験

日常 ぐるめ
沖縄出張のお話の追加です。
 
沖縄の人に連れられ、2次会に山羊料理が食べられるお店に行きました。
 
山羊汁については、噂では聞いてましたので、半分は興味本位、半分はせっかく沖縄に来てるんだから、それらしいものを食べてみようということになったのです。
 
連れていかれたお店が、栄町通りにある「山羊料理二十番」。

f:id:minorthing45:20170301122352p:plain

 
後から分かったのですが、このお店は山羊料理好きにはけっこう評価の高いお店らしいです。
 
店内に入ると、独特の山羊汁の匂いが既に充満しており、苦手な人はこの時点でアウトかもしれません。
 
ですが、僕らは多少アルコールが入っていたこともあり、そこはクリア。
 
連れてきていただいたSさんの薦めで、山羊汁と山羊刺、そして泡盛を注文。
 
まずは山羊刺。

f:id:minorthing45:20170301122459p:plain

 
酢醤油で食べると更に美味しいということで、それで食べてみましたが、意外にあっさりとしていてクセもそれほどなく、かなりいける感じです。
 
そしてメインの山羊汁。

f:id:minorthing45:20170301122559p:plain

 
山羊肉を煮込んで、味付けは塩のみというシンプルなものでした。
 
これも、けっこう美味しくいただけたんですよね。
 
確かに匂いはありますが、スープの味そのものは美味しかったです。
 
しかし、翌朝起きて最初に感じたのが、自分の体が山羊汁臭いなってことと、それがその日の夜まで続いたということでありました。
 
やっぱり山羊汁は、ディープな沖縄ソウルフードなんだなと実感した次第でございました。

f:id:minorthing45:20170301122634p:plain