Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

好きなミッシェルの曲トップ10記事にわざわざ噛みつかなくても

思考 時事ネタ
「ぼくの好きなTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT10曲」という記事が出て、それに対し「青春に小便を引っ掛けられた気分」というアンチテーゼ記事が出てネット上でちょっとした祭りがあった模様。
 
ちなみに僕自身もバンドでギター弾いてるので、バンドで演奏したことはないけど、家でコピって仮想アベフトシになり悦に入る時は多々ありました。
 
チバの声も好きだけど、やっぱりギター弾きなのでアベフトシのプレイに惹きつけられました。
 
唯一無二のギタリストって、ああいう人の事を言うんでしょうね。
 
なのでミッシェルは、アベのギター抜きでは成立し得ないバンドです。
 
いくらチバが頑張っても、彼の歌だけではTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTというバンドを維持することは不可能であり、おそらくその事に異論のあるミッシェルのファンはほとんどいないでしょう。
 
そして唯一無二のギターであるが故の悲劇が起こります。
 
ミッシェル解散後まもなくの2009年7月、故郷広島で生活していたたアベですが、急逝硬膜外出血で42歳という若さで亡くなってしまうのです。
 
この時は誰もが驚きました。
 
そして、ミッシェルの再結成がこれで無くなったという事実を受け入れざるをえない現実。
 
代役のギターを入れたとしても、それは仮想ミッシェルでしかないんですよね。
 
それぐらいアベフトシは唯一無二のギタリストだったと思います。
 
あと、ミッシェル解散後、他のメンバーが新しい音楽の道を進むのに対し、アベフトシは故郷広島でペンキ塗りで生計を立てていたそうです。
 
彼自身、不器用という事もあったんでしょうが、それ以上に彼のギターはミッシェルのためのものでもあったかもしれません。
 
…と、アベフトシ先生に対する語りばかりとなり、本論とずれてしまいました。
 
上記のように好きなモノトップ10とかっていうブログ記事、けっこうありますよね。
 
くろばこ自身はあまり書きませんが。
 
だって選びきれないし、順位付けるの大変だし。
 
アニメは★5つぐらいで採点してますが、これもどちらかというと自分自身の備忘録のためという感じです。
 
個人的には、誰がブログで好きなモノに対し順位付けしようが、その人個人のブログ記事だから別にいいじゃんと思うし、その記事に対し「浅い」だとか「あれが入ってないだとか」とケチつけるのって、大きなお世話だと思うんですよね。
 
順位付け記事書くブログ主の主観や思いであるわけで、それを他人がとやかく言う必要も必然もないわけです。
 
上の批判記事では、「てめぇホントのミッシェルのこと好きなのか?」みたいな事が書かれていましたが、問題となっている記事見ても、そこまで否定されるような感じでもなかったし、ブログ主なりにミッシェルのこと好きなんだろうなと思ったぐらいでしたね。
 
それに、好きなミッシェルの曲順位を今頃ブログアップしたところで、それネタにPV稼げるとも思えないんですけどね。
 
仮にPV稼ぎのためだとしても、スルーしとけばいいじゃんとは思いますね。
 
本当にそういうヤツであれば、どこかでそのメッキは剥がれるものですから。
 
僕は、「好きな〇〇トップ10」とかいう記事はあまり書かないけど、そういう記事にもイチャモン付けられるご時世になると、息苦しくなって嫌だなぁと思うので、もうちょっと広い心でネットの世界を泳いでいきませんかとお願いしたいという話しでした。