Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

人事異動の内示が出た

我が社では毎年恒例の定期人事異動の時期でして、先週内示が出ました。
 
「辞める辞める詐欺」のくろばこですが、まだこの段階において退職の話しがいっこうに進んでおりません。
 
きちんと詰められない自分の甘さ、優柔不断さに原因があるのですが、ええかっこしぃの人間ですので、引き留められるとなんだかんだで断り切れなかったりするのです。
 
これまでもずっと、こういう性格の自分を忌々しく思っておりました(^_^;
 
まあ、でもちょっとずつは退職実現に近づいているような期待感はあります。
 
もう少しの辛抱。
 
今はじっと準備の期間だと言い聞かせて、シコシコと仕事中にこの記事を書いております。
 
で、人事異動の内示ですが、これがちょっとした驚きの内容でした。
 
以前の記事で、3月の組織改編により我が部署が統廃合されることは書きました。
実際その通りとなり、統廃合により別の課が新設され、自分はそのまま新設課にスライドかなぁと想像してましたが、結果は違いました。
 
くろばこの次の行き先は、以前在籍していた部署に今の職位のまま異動。
 
ここまでは別に普通、よくあることなのです。
 
驚いたのは、兼務職が無かったこと。
 
どういうことかと言いますと、くろばこのような部長と課長の間の次長級の人は、通常は課長職も兼ねるのが我が社では一般的なんですよね。
 
○○部次長兼□□課長、ってな具合。
 
それが単に「○○部次長」だけという異動内示だったのであります。
 
よって、くろばこは直接に管理する部下を持たず、横断的に各課の業務に首を突っ込んで仕事をすることになります。
 
部下を持たなくても良いというのは嬉しいのですが、こいつは協調性が無いから部下を持たせられんと上が判断したという可能性もあります(^_^;
 
確かに、これまでのくろばこが管轄していた課は、個人事業主的な感覚で仕事していて、基本は各人で処理してねっていうスタイルでしたから。
 
それに今までの業務も、横断的に色んな課に入ってこなすものがほとんどだったので、やることの半分は変わらないので致し方ないです。
 
でも、それとは別に、上も僕の扱いに困ってしまっての今回の異動なのかなと、ちょっと勘ぐったりもしています。
 
組織の中で浮いてる感は、ずっと持ってましたし、かと言って、それを解消しようとする努力もしてこなかったですから、しょうがないかなという諦めもあったりして。
 
閑職に追いやられたというわけでもないが、何か責任を持ってやれという感じでもない。
 
とりあえず泳がせておいて、何か成果が出れば儲けもの、じゃなければ水槽の中で生きていなさいという感じかなぁ。
 
考えすぎかもしれませんが、正直、ちょっと戸惑っており、これからどうなるのか不安でもあります。
 
あと、周囲の目というのもありますしね。
 
「あいつ、次長職だけで楽そうだなぁ」っていう視線は、確実に出てくるでしょうから。
 
課長職が無い分、都合の良い使われ方されたり、めんどくさそうな仕事ふられたりしそうな予感はかなりしてますが。。
 
反面、いつでも辞めやすくなったと考えることもでき、しばらくはこの状況を受け入れようと思ってます。

半分ぐらいは絶望、でも…

僕は、自分と自分の人生に絶望しているけど、完全に絶望しているというわけでもない。
 
ある日は、自分にはまだこんな可能性があるんじゃないかと期待し、次の日には全てにおいてやる気が失せていて、このまま年を重ねていって何になるのだろうと落ち込んだりもする。
 
同じように、今生きている社会に対しても、今の日本が、地域が、社会が少しで良くなるために自分に出来ることってあるかと考える時もあれば、世の中には良い人もいれば嫌なヤツも大勢いて、そんな奴らが存在する社会に自分が何か貢献しようとするなんて馬鹿らしいと思ったりもする。
 
なので絶望と希望(期待)を行ったり来たりしながら生きている、という実感が最近はことさらに強い。
 
まるで魔法少女まどかみたいだ。
 
希望と絶望は常にバランスを取っている。
 
宇宙全体、この世の全てがある法則に則って作られているのだとしたら、そういうことなのかもしれない。
 
半分は絶望だけど、半分は希望なわけで、その希望によって生かされていると考えるべきだろうか。
 
 
てな事を考える自分の最近の情緒は、大丈夫だろうかと心配しています。
 
で、話しが若干変わるのですが、僕の中では今の心情と繋がっているので、ちょとだけ記しておきます。
 
よく読ませてもらっているブログ「はてこはときどき外に出る」。
内容もなんですが、文章力が凄い。
 
一つ一つの記事が、宝物のようにいとおしく感じられ、もの凄く良質な映画や小説、アニメに出会った時のような感覚に陥ります。
 
自分の心がささくれ立ってたり、トゲトゲしい感情に支配された時に読むと、そうした負の異物をさぁっと洗い流してくれます。
 
そして、自分の胸を締め付けられながらも、ブログ主さんのような人がいるこの世界を自分も一緒に生きているのだと思うと、何だか勇気が湧く。
 
変な言い方だけど。
 
このブログだけは、全く他とは次元が違うんですよね。
 
これを読んでると、ブログで稼ぐだとか、必死な自分アピールのブログなんかがもの凄くチープで低品質のものに思えてしまう。
 
人間というものに感動を覚える、それが上記のはてこさんのブログなんです。
 
僕のような人間が言えた義理じゃないですが、絶望と希望は必ずバランスを取ってくれるはずだからと、影ながら声を掛けてあげたいと思ってます。
 
はてこさんのような人が生きている世界で、僕も生きていると思えば、それはそれで悪くないかなって。
 

Facebookの「友達見つけよう」通知がうざい

今や、Facebookなんてのは年齢層高めの人しかやってなくて、若者はみんなインスタをやってるというのは当たり前の話しになっております。
 
僕はジャスト50の親父ど真ん中なので、その流れに沿った利用者ということですね。
 
なぜ僕がFacebookをやってるかというと、前にも書いたかもしれませんが、自分の行動の備忘録として使ってるのであります。
 
そんなに細かくはタイムラインに投稿しませんが、出張行った時とか、嫁とどこかで外食したりとか、なんか変わったもの買った時だとか、そんな時にちょくちょくアップするのです。
 
後から、今は履いてる靴っていつ買ったっけみたいな感じで、Facebookを遡って見返して確認したりするのに使ってます。
 
なので、友達申請をこちらからすることは全く皆無。
 
いちおう、一般公開設定してあるので、知り合いからの申請は承認しておりますが、Facebookを介しての交流なんてことはしてないです。
 
「いいね」されたら、こちらも「いいね」してあげるぐらいでしょうか。
 
そういった感じなので、たまにFacebookからの自動通知「もっと友達をみつけよう」が表示されると、かなりうざいです。
 
まるで、俺に友達がいないみたいじゃないか(^_^;
 
いや、実際にほとんどいないんですが…。。
 
だとしても余計なお世話!
 
アプリに友達の心配をされる時代が来るなんてねぇ、というしみじみとした気持ちになったこの頃でした。
 
 
 

スカイリム~従者が死ぬ度に心が痛む

久しぶりにswitch版スカイリムのプレイ備忘録です。
 
といっても、メインストーリーはほとんど進めていなくて、ひたすらフィールドやダンジョンをブラ歩きしたり、気になったクエスト依頼をこなしてみたりという感じです。
 
従者を連れて歩けるのがこのゲームの特徴といいましょうか、難易度に関わってくる話しになります。
 
最初はこの従者のことを知らずにプレイしていたもので、けっこう大変でした。
 
戦闘もですが、持ち物の重量制限の問題とか、まあソロだとそれなりに不便であります。
従者を連れて歩くようになってからは、やっぱりそれなりに楽になりましたね。
 
で、くろばこの従者遍歴が以下の通り。
 
1人目:ファエンダル(リバーウッド)
 
2人目:狩猟の女神アエラ(ホワイトラン)
 
3人目:リディア(ホワイトラン)
 
現在は3人目のリディアを連れて歩いているのですが、その前の2人は旅の途中で死んでしまい、泣く泣くおさらばとなってしまいました。
 
スカイリムの従者あるあるですが、いつにまにかいなくなってしまったというパターンが1人目のファエンダル。
 
何日経っても帰ってこず、死に目に会えずの別れとなってしまった模様です。
 
2人目のアエラについては、ファエンダルの事があり慎重に連れて歩いていたおかげで、かなり長い時間一緒に過ごせました。
 
けっこうクエストを一緒にこなしたからかわかりませんが、途中からの会話メニューに「結婚してくれ」というのが出てきて驚きました。
 
まあ、こんだけ一緒に旅したし、ゆくゆくは結婚してもいいかなぁなんて思ってたら、とあるダンジョンで姿を見失ってしまったのです。
 
敵がたくさん出てくる場所で、しばらく戦闘してから一旦退散したのですが、ふと見るとアエラがいない。
 
家のあるホワイトランに帰ればいるだろうと思って、帰宅するもやっぱりいない。
 
もしかして、さっきのダンジョンで死んでしまったのだろうか?
 
とりあえず、持ち物を整理して再びそのダンジョンへ。
 
これもスカイリムあるあるなのですが、特に洞窟系ダンジョンは薄暗くて見えづらいので、敵を倒してアイテムを剥ぎ取ろうとしても、倒した敵がどこに寝転がっているのか注意深く見ないとわからない。
 
確かこの辺りで激しい戦闘になったんだよなぁってところを探してみると、階段したに無残に死んでいるアエラの姿が!!
 
あ~、なんて悲しい。
 
従者の特徴として、基本は体力ゼロになれば死ぬ設定になっています。
 
それは敵の攻撃だけでなく、見方の攻撃でもダメージを受けます。
 
ですが、敵の攻撃を受けて体力が少なくなると従者はしゃがんで動かなくなり、敵もそれ以上は攻撃してこないような仕様になっていて、実は敵の攻撃で従者が死ぬパターンはかなり確率が低いんですよね。
 
ほとんどの場合は、味方、つまりプレイヤーである自分が誤って従者に攻撃を加えて殺してしまう場合が多い。
 
恐らく、今回も乱戦になってしまい、薄がりの中だったこともあり、僕が間違ってアエラを攻撃してトドメを刺してしまったものと思われます。
 
アエラが死ぬ前あたりのセーブポイントに戻ろうかとも思いましたが、まあそれも面倒くさかったので、泣く泣くお別れしたのでありました。
 
でも、装備品はしっかり剥ぎ取って帰りましたけどね。
 
といった感じで、割と従者に若干の思い入れをしながらスカイリムの世界を楽しんでおります。
 
で、現在の従者がリディア様。
 
西の塔でのドラゴン討伐をしてメインクエストを進めると、従者として連れ出すことができるようになります。
 
いかつい顔のキャラが多いスカイリムにおいて、唯一美形キャラであります。

20年ぶりに買い換えたドライヤーに驚き

自分自身はドライヤーなんて使わずに生きてきたんですが、嫁が使うので一つは家に置いてあるって感じです。
 
ただ、嫁も割とズボラな性格なので、冬とかは寒い洗面台へ行ってドライヤーで髪を乾かすのが嫌で、リビングのファンヒーターの前に寝そべってドライヤー代わりにしてたりと、まあ、うちの中ではドライヤーというのはそれほど重要度が高くない電化製品なのです。
 
恐らくですが、買って約20年近く経つものをずっと使い続けてきたのであります。
 
ですが、さすがに電源プラグのコード部分が被覆が取れてきてしまってて、たまにしか使わないけど下手したらヤバイことになりそうだということで、新しいドライヤーの購入に踏み切ったのでした。
 
商品選択は嫁に任せて、好きなの買えばいいよってことで、一生懸命ネットで探して見つけたのがパナソニック製のドライヤー。

 

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA9A-W

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA9A-W

 

 

ネットの口コミが良かったということで、それに決めたらしいです。
 
早速、嫁が使ってみての感想が「凄い、すぐに乾く」でした。
 
嫁のズボラな性格は先ほど述べたばかりですが、美容院に行くのが面倒ということで、髪が伸ばし放題なんですよね。
 
その長いボサボサな髪を乾かすのは、けっこう大変なんですが、ニュードライヤーだとあっという間に乾かせる、ってことらしい。
 
おまけに、乾いた後の髪質もふんわりさらさらな感じがするんですって。
 
いやぁ、さすがにそこまではないだろう、新しいドライヤーだから気分的な問題じゃねぇの?
 
じゃあ、くろばこの髪も乾かしてあげると言って、風呂上がりにドライヤーあててもらったら、まず、髪が乾くその速さにびっくり。
 
「おぉ!なに?もう乾いた?」ってな感じで、確かにサラサラに乾いている。
 
うん?サラサラ?
 
俺の髪ってこんなにサラサラだったっけ?
 
なんか凄い軽い感じがする。
 
もしかして、これが新しいドライヤーの威力なのか!
 
すげぇ~!!
 
って感じで、嫁と一緒になって驚いてしまいました。
 
まあ、20年ぶりにドライヤー買い換えたわけで、その間、ドライヤーと言えどそれなりに進化もしていましょうから、そんなことも知らないバカ夫婦には驚きの事態だったということでしょう(^_^;
 
ということで、たかがドライヤーと思っていたけど、最新の性能に驚かされたというお話しでした。

Googleプレイミュージックに手持ちCDをリッピングしまくる

そもそもリッピングとはなんぞや?ってところなんですが。
 
簡単に言ってしまうと、音楽CDとかDVDといったデジタルデータをPCに取り込むこと。
 
Googleプレイミュージックの場合、PCに取り込んだ音楽CDデータをアップロードすることで利用できるようになるので、細かく書くとリッピング&アップロードということになりますね。
 
実は、未だに現在のアパートからリフォーム済みの実家へ引っ越しができてなくて、動きが止まってる理由の一つが大量の音楽CDの存在。
 
いっぺん整理してから引っ越ししたいと思い、とりあえず持ってる音楽CDを片っ端からGoogleプレイミュージックにアップしまくっています。
 
家にある音楽CDが何枚あるのか数えたことないのですが、現時点で約800タイトルをアップして、まだ半分ぐらいありそうな感じなので1500~1600枚ぐらいはありそうな予感。
 
この作業に手間取っていて、なかなか片付けが進まないという状況なんですよね。
 
ちなみにGoogleプレイミュージックは5万曲まで無料でアップロードできます。
 
現時点で1万曲をアップ済み。
 
手持ちCD全部放り込んでも、半分もいかない計算になるので非常に嬉しいサービスなのであります。
 
ただし、Googleプレイミュージックを利用するにあたって注意が必要なのが、使用PCにウィルス対策ソフトが入ってると上手くアップできない場合があります。
 
通常はですね、音楽CDをPCに取り込む→Googleプレイミュージックのウエブ画面にフォルダ画面からドラッグ&ドロップもしくはファイル先を指定してアップロードができるようになっています。
 
しかしながら、ウィルス対策ソフトが入ってると、「接続が確立できませんでした」的なメッセージが出てアップロードできない場合があります。
 
くろばこの場合、メインPC(ノート)にセキュリティソフトESETを入れていたのですが、これだと100%アップロード不可となるようです。
 
ではどうすれば良いのか?
 
ここで登場するのがGoogleミュージックマネージャーという無料ソフト。
 
このソフトを経由させることで、Googleプレイミュージックにアップロードが可能となります。
 
ネットで検索すればすぐにダウンロードできます。
 
まあ、一手間かかるわけですが、こればっかりはしょうがない。
 
あと、Googleプレイミュージックで使用できる音楽ファイルのデータ形式にも制限がありますので注意が必要です。
 
基本、Windowsメディアプレイヤーで音楽CDを取り込めば問題なくいけますが。
 
ということで、ここ最近は日々シコシコと音楽CDをGoogleプレイミュージックにアップしまくっているのでありました、という近況報告です。

Evernoteをアップデートしたらノート右側が真っ黒表示になる場合の対処方法

Evernote有料版をけっこう昔から使っています。
 
ちゃんとお金を払って利用しているソフトって、このEvernoteぐらいかもしれません(^_^;
 
有償版だと複数の端末にダウンロードして使用できるので便利なんですよね。
 
くろばこはスマホ、会社PC、自宅PC(ノート、デスクトップ)にダウンロードして、時と場所に応じて使い分けています。
 
きちんと同期しておけば、色んなデータを放り込んでいつでもどこでも使えるのが嬉しい。
 
そんなEvernoteですが、割とちょくちょくアップデートがかかります。
 
今回はバージョン6.17.6.8292に更新できますとなって、とりあえず会社のPCに入れてあるEvernoteをアプデしたんですよ。
 
ところが、アプデしたものの、ノート右側の部分が真っ黒になって表示されなくなるという不具合発生。
 
ネットで検索しても、この不具合に関する記事が見つからず、Evernote社へメールで直接問い合わせてみました。
 
割とすぐに返事がきまして、最初の回答として以下のような対処方法でした。
 
Evernoteの「ツール>オプション>一般」で「ハードウエアアクセラレーションを有効にする」をチェックしてみてください、というもの。
 
早速実行してみようと試みましたが、そもそもツールのオプションメニューに「一般」という項目がなく、あるのは「全般」という項目でした。
 
仕方ないので全般タブ含めて全部調べてみましたが、「ハードウエアアクセラレーションを有効にする」というチェック項目そのものが無い。
 
う~ん、困った。
 
で、再度メールして、そんなの無いんですがと問い合わせたところ、新たな対処方法が返信されてきました。
 
1.Evernoteをいったん終了させる(バックグラウンドで実行されていないことをタスクマネージャーで確認)
2.コマンドプロンプトから regeditと入力しレジストリメニューを起ち上げる
3.「HKEY_CURRENT_USER」フォルダ→「ソフトウエア」フォルダ→「Evernote」フォルダ→2番目の「Evernote」フォルダクリック
4.右側の値リストから 「EnableHardwareAcceleration」を選択し右クリック
5.「修正」を選択し、16進値を「0」に設定
6.「終了」を選択し、レジストリエディタを終了
 
以上で作業は完了となります。
 
これを実施したところ、見事に真っ黒になる問題が解決されました。
 
多分、アクセラレーションの問題だったのでしょうが、直接レジストリをいじることで対処できた模様です。
 
素早い対応をしてくれたEvernote社に感謝でした。