Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

リフォームの見積が出た(後編)

リフォーム業者との打ち合わせ
前回、実家で親と同居するために改修する必要がありリフォーム業者に見積依頼をした件を書きました。
とりあえず、ウエブのホームプロでレスをしてくれた業者に実家の住所を連絡し、現場を下見しながら打ち合わせすることになりました。
 
当日、来てくれたのは30代半ばの男性で、2級建築士施工管理技士の資格を持っているとのこと。
 
築30年ぐらいの家ですが、図面はまだちゃんと残っていたので、担当者との打ち合わせもスムーズにいきました。
 
しかし、根本的な問題も判明したのであります。
 
ツーバイフォー建築の問題点発覚
我が実家は、ツーバイフォー(2×4工法)建築で建てられているのですが、それが今回のリフォームのネックになるということでした。
 
実家がツーバイフォー建築だというのも、僕は始めて知ったのですが(^_^;
 
てっきり、普通の木造建築住宅だと思っておりました。
 
というのも、その実家を建て始めた当時、僕は大学生であまり家に寄りつかず、友達のアパートを転々とするジプシー暮らしをしていたのです。
 
なので、たまに家に帰るとどうやら、親父が家を建ててるらしいというのは分かったのですが、「へぇ~、そんなお金あったんだね」ぐらいでした。
 
当時の実家はわずか10坪の面積で、1階が両親が経営する飲食店、2階が住居という形でとても狭いものでした。
 
高校生、浪人時代まではそれでもその実家で過ごしていたのですが、大学生になるとやっぱり色々と不都合を感じ外に泊まり歩くことが多くなっちゃったんですよね。
 
まあ、これは余談でありましたが。
 
今の実家に両親が住み始めるまでの経緯
親父も広い家が欲しかった、というか、それが長年の夢だったんでしょう。
 
飲食店があった場所は、昔の長屋地区みたいなところでしたが、街の中心部ということもあり新しい土地を探そうにも地価も高く、夢の新築住宅はそこから10kmぐらい離れた郊外となったのです。
 
そして新しいマイホームが完成したものの、飲食店はまだ経営してるし、離れた新築ホームから通うのも面倒だしということで、約20年近くは誰も住まない状態となっていたんですよ。
 
親父的には、僕が結婚してそこに住んでくれればという目論見もあったんでしょうけど、親不孝なくろばこがそんな目論見に乗るわけもなく、新築住宅は無人のまま年月が経っていったのです。
 
ですが、12年前ぐらいに、母親が脳出血で倒れ半身不随となり、夫婦二人で経営していた飲食店も閉めざるをえなくなり、60歳で隠居することを決め、やっと新しい家に住めたというわけ。
 
僕はやっぱり親不孝ものなので、今の妻と結婚しても気楽なアパート暮らしが快適なので、どうしても実家で両親と暮らす方向にはなりませんでした。
 
障害者となった母親のこともあるので不安はありましたが、親父も僕の嫁に気を遣って無理に一緒に住まなくていいと言ってくれたこともあります。
 
ということで、ここまでが僕が今の実家のことについてほとんど何も知らないのは何故かという言い訳でした。
 
ツーバイフォー建築のリフォームの難しさとは?
話しを元に戻します。
 
ツーバイフォー建築をリフォームする時に何が問題か?というと、僕たち夫婦は2階に住むので2階にトイレやキッチンを新設したいのですが、問題はその水回り配管をどう設置するかということ。
 
ツーバイフォー建築だと、いわゆるいくつかの大きな箱を組み合わせたような形で建てられているのですが、1階と2階部分の隙間、いわゆる空間スペースですね、そこが狭く、且つ、どこが壁や支柱で遮られているか分からないらしいのです。
 
逆に、木造建築だと自由にコース取りして配管パイプを敷けるんですって。
 
そんなこと知らなかったので勉強にはなりましたが(^_^;
 
業者の担当者も1階のあちこちで、なんとか天井裏が覗けないか調べてみましたが、どうも確認するのは難しいようだとのこと。
 
2階の床を全て剥ぐわけにもいかないし、さて、どう配管したものかとお互いに思案しました。
 

解決策と見積金額

あれこれ検討した結果、幸いにも床から天井までの高さがけっこうあるので(2m70cm)、今ある床を20cm嵩上げしてそこにパイプを敷きましょうということに。
 
フローリングし直す工事が余計にかかってくる事になりますが、無難な解決方法だろうと僕も考えその提案に乗ることにしました。
 
あと、今回来てくれた担当者の対応が真摯で真面目な印象だったこともあり、他の業者を別に呼んで相見積もり取るのも止めました。
 
まあ、半分はめんどくさいってこともあったんですが。。
 
で、見積金額ですが、きっちりこちらの希望予算300万円でありました(^_^;
 
キッチンやトイレ、洗面台等はLIXIL商品でそのカタログの中のものを選定してありましたが、値引率が50%ぐらいで、そんなんでいいの?と不思議でしたが。
 
リフォーム工事代って正解が分からないので、こっちの希望が200万円と言えばそれに合わせたレベルのもので見繕うのかもしれませんね。
 
そのあたりは、また担当者に聞いてみたいと思います。

貴乃花親方の気持ちわかるなぁと、勝手に想像してみる

日馬富士の暴行問題については、当初から当事者情報が少なかったため、メディアでもあれやこれや好き勝手に想像話しが繰り広げられてきました。
 
日馬富士角界引退、書類送検という形で形式上は幕を引くようですが、なぜ貴乃花親方が相撲協会に対してあれほど頑ななのかが、新たなツッコミネタとなっています。
 
世間一般の声は、相撲協会理事である貴乃花親方が協会のルールを守らず、貴の岩の事情聴取はさせない、休場するのに必要な診断書も提出しないのは理事失格だというお話し。
 
確かに一般論はそうでしょうね。
 
組織に属する人間としてどうかと問われれば、そうした声は正論。
 
でもその正論も、属する組織がきちんとした体であればという前提条件付きでこそ成立すると思うのですよ。
 
ブラック企業に潰されかけている社員が、その組織のルールだからと言ってそれに従属していたらいつまでたってもブラック企業から虐げられるだけです。
 
相撲協会がどれだけブラックボックスな組織なのかは、僕には分かりません。
 
ですが、幼い頃からその世界で生きてきた貴乃花親方だからこそ知るブラックな部分、理不尽なところが見えているのではないでしょうか。
 
根本的に変えなければいけないと考える貴乃花親方、変化を求めたくない協会、その2者の間の溝はけっこう深いものがあるのだろうと想像します。
 
ガチンコ勝負にこそ国技である相撲が生き残る道があると信じる貴乃花親方は、モンゴル出身の貴の岩にモンゴル人同士の馴れ合いを厳しく禁じていたであろうことは、容易に想像できます。
 
逆に白鵬日馬富士などにはそうした意識は低く、ただ純粋に異国の日本でモンゴル人同士が助け合ってやっていくのは当たり前だと考え、互助会を作ったりしてお金のやり取りをしてきました。
 
モンゴル人同士の飲み会などに参加しようとしない貴の岩でしたが、それを快く思ってなかった他のモンゴル人力士達が、鳥取で師匠との懇親という理由で出てきた機会に付け込み、先輩モンゴル力士として行儀を正してやろうと今回の暴行騒ぎになったのだと推測します。
 
だから、いったんは日馬富士側もやり過ぎたと詫びを入れ、貴の岩もそれを受け容れ収めようとしたのでしょう。
 
ところが、貴乃花親方が今回の騒動に気づき激怒、馴れ合いを助長するモンゴル人力士に対し何の指導もしない協会にこの件の報告、相談をしても無駄だと考え、刑事事件として被害届を出し、協会が関与しない形で問題を明るみに出そうとしたのでないかと思います。
 
協会に診断書を提出しないのも、そもそもが只の負傷ではなく、警察が動く暴行事件によるものなのだから、診断書提出云々のレベルの話しじゃないだろう、事の重大性を協会は理解しているのか?というところじゃないでしょうか。
 
暴行された被害者が診断書を提出するとしたら、それは加害者側へ慰謝料を請求する時であって、真っ先に出す相手は協会じゃないって考えていても不思議じゃありません。
 
要は、今回の暴行事件の問題を問題として認識していない協会に対し、貴乃花親方は半分は怒り、半分は呆れているというのが本当のところなのではと考えます。
 
なので、貴乃花親方が一般論的な部分で世間やメディアから批判されることについて、僕はけっこうな違和感を感じています。
 
まっとうにやっても通じない相手に対しては、第三者を通して問題解決を図るのは当然なのですから。
 
ブラック企業で休日も手当なしに出勤させられ疲弊している社員に対し、それでもちゃんと出社しないお前が悪いとは言いませんよね?
 
それと根本部分は同じなのではないでしょうか。

実家リフォーム見積りが出た(前編)

気ままな夫婦2人暮らしから、実家で親と同居しなければならなくなった事情を以前書きました。
 
で、まずしなければならないことは、僕ら夫婦が実家の2階で暮らせるようにリフォームすること。
 
そのためには、リフォーム業者を探さねばなりません。
 
僕自身、リフォームというのは経験無いですし、どこからどう手を付けて良いやら。。
 
何はともあれ、リフォーム業者を探す必要があるわけですが、イメージとしてリフォームそのものが金銭的に割高で、且つ、悪徳業者も多そうな印象を昔から抱いています。
 
こういう時はやっぱりネットだろ、ということで口コミサイトとかあれこれ調べて「ホームプロ」というサイトを見つけました。
 
割と良心的なサイトじゃないかなという感じで、そこで見積依頼をかけることに。
 
このサイトの仕組みは、見積依頼や相談を投げかけると、そのサイトに登録している各業者からそれぞれにレスポンスがあり、依頼者はその中から一つを決めて話しを進めても良いし、複数を比較しながら進めても良いというものです。
 
内容としては、実家の2階にトイレ、簡易キッチンを設置し、既存の洗面台は新しく更新、予算は300万円ぐらい迄とするという内容。
 
テキストで書くと簡単な内容ですが、現実にはそうは問屋が卸しません。
 
これについては後編でほど。
 
そのホームプロというサイトで見積依頼をかけて3~4日、一つの業者から返事があり見積しますとのこと。
 
お~、早速反応があったぜ♪
 
でも、やっぱり2~3社ぐらいから相見積もり取って、こちらの条件に対し一番良い提案してくれたところと話し進めたいよな♪
 
もうしばらく待って、他の業者からの返事を待とう♪
 
というわけで、そこから更に1週間、2週間、、、いつの間にか1ヶ月経ちましたが、他の業者からの連絡はいっこうにありません。
 
何故だろう?
 
自分でも色々と考えました。
 
ひょっとして予算が安すぎて、他の業者はやる気にならないのだろうか?
 
忙しい時期で、そこまで手が回らないのだろうか?
 
う~ん、、ホームプロのサイトにも複数の業者から見積を取って満足のいくリフォームをしましょう!といった事が謳ってあるのになぁ。
 
1業者じゃあ、比較しようが無いじゃありませんか。
 
そこで、ホームプロの運営側に「1業者しか連絡が無く、見積比較したくてもできないのですが、どうしたらいいですか?」とメールしてみました。
 
返事はけっこうすぐにきて、「大変申し訳ございません。そちらの地区で登録している業者も少なく、対応しきれていない状況です。今後はもっと利用者様のニーズに応えていけるよう取り組んでいきます。」という内容。
 
まあ、想像はしてましたが、くろばこの地元の島根県は田舎なので、確かに登録業者は少ないのも理解できます。
 
結局、田舎ではネットよりタウンページの方が実情に合ってるって事なのかなと、悲しい気持ちになりました。
 
ネットこそ、田舎や地方でそのメリットを最大限発揮すべきなのに、ネットの世界でも都会有利の図式が出来てるって話しです。
 
そもそも田舎には検索対象となるものが少ないのですから、当然といえば当然の結果なのでしょう。
 
ということで気持ちを切り替えて、そんな状況でも手を上げてくれたその業者に連絡メールを送り、実家に来てもらう日時を決めたのでした。
(後編へ続く)
 

日産が全面的に悪い話しなのか

日産自動車の無資格者検査の問題です。
 
ざっくり色んな情報をさらってみた限りの感想でしかありませんが、日産が悪いという話しではないような気がします。
 
「ルールとして決まっている」「国の指導に従うのは当たり前」「企業体質の問題」といったのが、概ね、新聞社の論調でありました。
 
しかしながら、あれだけ加計・森友問題では国や政府に対し懐疑的な見解ばかりであったのに、日産自動車の無資格検査については国の言うことが100%正しいという前提に立てるのかよくわかりませんね。
 
「国が決めたことは正しいから、その通りにしない企業は悪だ」というのは、国が戦争しますって言ったら、それも盲目的に正しいということになりますが、まあ、ちょっと大げさな例になりますか。
 
にしても、あのスバルでさえ無資格検査が行われていたわけですから、なぜそんな事態が起こるかちょっと突っ込んで考えれば制度そのものがおかしいんでないの?という話しは誰にでも理解できること。
 
そもそも、国が認証する最終検査そのものが必要なのかってことですが、それでも「必要なのかどうかじゃない、そう決められているんだからそれを守らない企業が悪い」というのは、ちょっと思考停止じゃないかと思いますね。
 
外国では有資格者による最終検査を求められていないので、海外向けの輸出車は検査する必要がないわけですから、そこでの検査にはあまり意味がないのであろうということは予想がつきます。
 
また、検査員として有資格者かどうかというのは別に国家資格とかではなく、各企業にお任せ状態であったので、その点においても無資格かどうかを問題にする事がそもそもナンセンス。
 
要は、誰が検査しても実質的には何も不都合なことは起こらず、国の自己満足的な「儀式・様式」でしかないというのが、この最終検査の実態なのだろうと推測できるわけです。
 
表面的な報道だけ見れば、製造企業の不祥事という事になるのでしょうが、そもそも実態としてどうなのという掘り下げや、不必要な検査によってそれが価格に上乗せさせられていることになれば、それはそれで我々利用者にとっても不利益な話しになります。
 
それに、そもそも自動車メーカーは、安全安心な商品を作る事が大前提であり、下手なモノを作ればすぐに社会から抹殺されますから、この件に関して国が余計な認証制度を設ける必要もないのでは、という議論がもう少し盛り上がっても良いのではと思っています。
 
まあ、たぶん車検制度と一緒で、そこには天下りも含めた不都合な事実が根底にあるかからなのかなと、勝手に邪推しておりますが。。
 

今頃になって「ゼノブレイド」をやってみる

「ゼノブレイド」の画像検索結果

 

ちまたでは神ゲーと評価されているそうですが。
 
以前からWiiソフトでこういうゲームがあるって事は知っていて、パッケージ見てなんだか壮大で面白そうだなとは思っていたんですよ。
 
でも、Wii本体が壊れてWiiUに買い換えてから、互換性の問題もあるしでそのまま忘れていたのですが、最近、WiiUのダウンロード作品を検索していたらゼノブレイドがあって、やったぁ!と喜び勇んで購入&DLしたのであります。
 
早速プレイしようとしたのですが、いきなりコントローラーで軽い挫折。
 
僕はクラッシックコントローラー派なので、ゼルダなどもこれでずっとプレイしていました。
 
当然、ゼノブレイドもクラッシックコントローラーでと思ったのですが、最初のコントローラー設定の途中からボタンが効きません。
 
色々やってみたのですが、どうしてもGamePadを使用する流れになってしまう。
 
ネットで検索してみると、WiiUダウンロード版といえど、あくまで仕様は旧Wiiのままらしく、クラッシックコントローラー使いたいならそれも旧Wii用じゃないと駄目らしい事が判明しました。
 
ここでちょっと心が折れそうになりましたが、気を取り直してWiiUGamePadでプレイすることに。
 
まず感じたのはゲーム全体の世界観が素晴らしいということ。
 
これはまさに僕好みでありました。
 
それとまだ途中ですが、ストーリーがしっかりしています。
 
ストーリー重視の作品にありがちな、お遣いっぽい印象もあまりありません。
 
ただ、フィールドに関しては、当時としてはもの凄く広い世界を表現しているはずなのですが、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を体験してしまったので、ゼルダの広さと自由度の方が凄いかなぁと。
 
こればかりはしょうがない。
 
では、不満点は無いかと言われると、やっぱりあります。
 
なんと言ってもバトルが分かりづらい。
 
このバトルで挫折した人も多いんじゃないかと想像します。
 
僕も、最初は投げ出したくなりましたが、何となく適当にやってても勝てたりするので続ける事ができた次第。
 
フィールドにモンスターがポップアップしていて、敵と遭遇(選択)してシームレスで戦闘という流れは、FF12のバトルに近いです。
 
ですが、基本はオートアタック、独特なコマンド画面からアーツを選択し、仲間と連携し敵を怯ませ転倒、背後から強烈な攻撃を打ち込むというやり方を理解するのにけっこう時間がかかりました。
 
プレイし始めて、、、
なんで敵を攻撃できないんだ?→あ、そうか、敵から離れているからor攻撃したい敵を選択してないからだ!
 
通常の攻撃ってどうするんだ?→あ、そうか、オートアタックだからそのコマンドはないんだ!
 
モナドの攻撃コマンドってどう使うんだ?→あ、そうか、主人公専用なんだ!でもよくわかんない!
 
途中で出てくる「b」ボタン押せ的なヤツ何?→頑張ってタイミングに慣れろ、そうすれば何となくバトル有利!
 
仲間がHPゼロになったけどどうやって生き返らすの?→世界樹の葉なんてこの世界には無い、近くで「b」押したら生き返る!
 
未来視って何?→敵の攻撃が予測できる能力、カウントダウン終了迄に最適なコマンドを入力しろ!でもどれが最適な対応なのかわかんない!
 
とまあ、軽く思いつくだけでもこんだけあるのです。
 
他にも武器や防具に取り付けられるジェムの生成なんかもあるのですが、これもチュートリアル見ても3割ぐらいしか理解できない。
 
ネットで調べてなんとなくわかったけど、それでも完全に理解できてないまま一生懸命生成にいそしんでいます。
 
このように、このゲームの不思議なところは、とりあえずよくわかんないけど何とかゲーム進められてます、というマゾスティックな点でしょうか。
 
僕だけかもしんないですが。
 
基本、めんどくさいゲームとか、一部のマニアが喜ぶような作品はほとんど挫折してきました。
 
ロマンシング・サガも最後まで出来なかったですし。
 
ゼノブレイドもそこに近いスタンスのゲームだとは思うのですが、それだけではないのがこのゲームの凄さなんでしょうかね。
 
ということで、まだ全体の3分の1ぐらいの進み具合ですので、これから色々とわかってくることもあると期待しつつプレイしています。
 
しかし、ドラクエ10と平行してやるのは時間が足りないなぁ。
 

地毛茶髪でも黒に染めろ問題

日本て本当に面白いというか、奇異な国なんでしょうね。
 
日本の学生は「黒髪が正解である」と本気で思ってる人達が、教育機関に存在しているってことですから。
 
茶髪とかパーマについての教育的指導ってヤツは、僕が学生時代からありました。
 
今から30年以上も前になるわけですが。。
 
当時、中高生だった僕やクラスメイトの大半はそれについてどう感じていたか?
 
正直、「あほくさ」「どうでもいいじゃん」「それで誰が困るの?」といった感じでしたね。
 
これは別に、不良やヤンキーだけが反抗的にそう思っていたという話しじゃなく、僕らのようなヒエラルキー低めの学生でさえ同じように思っていました。
 
不良やヤンキーだけが校則破ったり、反抗してたりするわけじゃないのは今も昔も一緒じゃないのかな。
 
アニメ好きのヤツは考古学部の部室にアニメ雑誌やグッズ持ち込んで楽しんでいたし、ゲーム好きのヤツは授業中ゲームやってたし、普段真面目に授業受けてるやつだって、テストが終わると賭け麻雀したりしてましたもん。
 
まあ、校則は校則であるけど、先生に目をつけられないレベルで色々と学生時代を謳歌していたってことですが。
 
で、ふと思うのが、今、「地毛が茶髪であろうと黒に染めろ」と指導?している大人っていうのが、僕ぐらいの年齢のやつなんだと。
 
当時、学校でなされた指導を小馬鹿にしていたはずなのに、自分が教員になったらそういうスタンスに変わるものなんですかね。
 
そう考えると、ちょっとおかしいというか、笑っちゃいますよね。
 
もしかしたら、当時の茶髪&パーマ許さない指導を内心、喜んでいたような奴らが教員になって、今も昔もこういう奇っ怪な状況を起こしているのでしょうか?
 
日本は島国だし、身近に異民族が常にいる状況って歴史的になかったしで、「学生は黒髪でなければならない」という信仰心も当たり前になったのかもしれません。
 
茶髪で何か困ることあるのか、全然わからないです。
 
「身だしなみだ」という人もいるでしょうけど、それって誰がどういう基準で決めてるのかわかりませんし。
 
この件については、合理的かどうかで判断しても良い問題だと思うんですけどね。
 

輸出EXPOでお手伝いをして思ったこと

少し前ですが、輸出EXPOというイベントが千葉の幕張メッセで開催されていました。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆

 

国が海外バイヤー1000人以上招待して、海外輸出を手がける国内業者達がブース出店し商談等を行うというもの。
 
僕も1日だけですが、取引業者からの依頼でお手伝いとして参加しました。
 
ご存じのように幕張メッセはとても広いですが、その広い会場一面がブースで埋め尽くされている様子は圧巻でしたね。
自動代替テキストはありません。

 

来場者の大半が外国人で、ほぼアジア、中国系だったように思います。
 
僕がお手伝いしたブースも会場と同時にけっこうな盛況ぶりでして、ひっきりなしに外国人バイヤーが訪れていました。
 
まあ、試食もやっていたというのも大きかったのですが。
 
で、お手伝いと書きましたが、本当にお手伝いレベルの仕事しかできなかったんですよね。
 
試食を配ったり、チラシを渡したりといった小間使い的な雑用。
 
何故かって?
 
外国語が喋れないからです。
 
中国語はもちろん、英語も話せない。
 
海外バイヤーから訪ねられたら、とりあえず通訳さん(この日は3人待機)を呼ぶ、通訳さんが手が離せないようだったら身振り手振りで何とかコミュニケーションを取るといった具合。
 
もう、イベントに手伝いにわざわざ地方の田舎からやってきたのに、全然チカラになれなくて情けないやら恥ずかしいやら。
 
もちろん、僕を呼んでくれた取引業者はそこまでの事を期待していたわけじゃなく、仕入れ先と一緒に取り組んでいるというところをバイヤーにも見せたかっただけなのですが。。
 
でも、やっぱり商品について説明したり、聞かれたことに対してはできるだけ多くのインプットをしてあげたいじゃないですか。
 
それが、外国語が話せないということによって全然できないのですから、もどかしいったらありゃしません。
 
この時ばかりは、本当にせめて英語だけでも話せるように勉強しようかなと本気で思いました。
 
もちろん、今の会社は辞めるにしても、それとこれとは別だなと。
 
あと、こうしたイベントに参加することで、日本にも世界にも色んな人がいて色んな会社や団体があって経済社会が動いているというのが、何となくですが実感できたのです。
 
今の会社や生活が全てではない、ということを肌で感じたとでも言いましょうか。
 
そう、取ろうと思えば選択肢は限りなく目の前にあるのです。
 
それに手を伸ばすかどうかも、結局はその人次第。
 
外国語を習得することで、その選択肢はより現実なものとなってくるはずです。
 
僕自身が本当にそっちへ手を出すのかは、正直わからないんですが、憧れレベルの興味を持っている事は否定できないなぁと。
 
今回は、そうした気持ちが少し湧いていた事を忘れないようにとの意味で書きました。