Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

どんな仕事でもダメージエリアはあるわけで

◆以下は、ある男の職業遍歴です。
 
大学を卒業して、特に考えも無く商社に就職し営業職担当となった。
 
最初は新卒でそんなに数字のことも言われないし、行く先々の顧客から優しい言葉をかけられ、なんだ楽勝じゃんって思う。
 
運良く提案した商品を採用してもらい実績も作ったが、3年目ぐらいからマンネリな仕事を続けていたせいで売り上げも先細りし、数字が達成できなくなり、会社にも居づらくなって退職する。
 
自分には営業職は向いてないと思い、文章書く事が好きだから、そっち系の仕事探していたらローカルタウン誌の取材記者を募集しており、面接したら受かった。
 
中途採用ということもあり、それなりに結果を出さなきゃと思い頑張るが、実際の仕事は取材よりも広告営業がメインで、雑誌に広告掲載してもらうために取材するといったもので、面接時には聞いてなかった広告営業ノルマも課せられ、2年と持たずに辞めてしまう。
 
物書き仕事をあきらめて、やっぱり自分は事務仕事だったら続けられるんじゃないかと思い、その手の仕事を探すことに。
 
小さなの建設会社の事務に運良く採用が決まり働き始めたが、暇なときは現場に連れて行かれて現場職人と一緒に働かされる。
 
事務の仕事は実際にはすることがほとんど無く、恐らくは男だったら現場に行かせ、女性だったら事務やらせようというステルス採用だったのだと後から気付く。
 
これじゃあ、普通にアルバイトで現場作業やった方が単価が良いじゃんと思い、半年ぐらいで辞める。
 
次はちゃんと事務職として採用してくれるところを探そうと思い、中規模の建設会社に応募する。
 
何故か建設系の募集ばかりだが、だいたいにして地方とはそんなもんである。
 
その建設会社で募集していたのは、総務・経理の管理職的な仕事で、若干不安はあったものの、いつもの浅はかな自信で何とかなると思い応募したら採用される。
 
ここでは、前の会社の様に現場に出される事はなかったが、いきなり訳分からない建設経理事務の処理をやらされたりする。
 
自分もスキルが無いのが分かっていたので簿記の勉強をしたが、机上での勉強が実務ですぐに役立つわけもなく、徐々に追い込まれた感が出始める。
 
また、事務は僕以外は女性4人であり、そのうち2人は社長の親戚関係、もう1人は若い女性だったが僕とはそんなに馴染んでくれそうな雰囲気が無かった。
 
必然的に女性4人と男性1人という構図になり、仕事で分からない事を聞きたくてもなかなか聞ける空気もなく、目に見えない圧迫感に段々と耐えられなくなり、逃げるように会社を辞めた。
 
この時30歳。
 
さてどうしたものかと思い、とりあえず建設会社はあきらめて製造工場での募集を探すことに。
 
自宅からはやや遠いものの、食品ベンダー工場で業務係募集というのがあり応募してみる。
 
製造現場の仕事では無いが、総務系の仕事というわけでもないらしく、よくわからないまま採用され仕事を始めた。
 
どうやら自分は受発注システムの運用、保守担当を任されたようで、各店舗からあがってくる商品をシステム受注し、それを製造ライン毎に指示書にして日々伝達するのが仕事だった。
 
そこではオフコンやらWindows95やらを使って受注オペを行っていたが、基本はそこにいる担当者が自前で作ったシステムで、まずはその使い方を覚えることからスタート。
 
中でもロータス1-2-3のマクロで組んだ製造指示書関連のファイルには手こずったが、何とか努力してついていき、1年後には自分もそれなりのロータス1-2-3の使い手にまでなった。
 
システムオペの仕事は自分にも合っていたらしく、それなりに仕事も評価されすぐに管理職へ登用されたが、同じフロア内にいるお局様と一悶着やらかしてから歯車が狂い始め、自律神経を煩い休職を経て退職に追い込まれる。
 
しばらく療養するも、働かないと食えないので、また懲りずに仕事を探し始める。
 
まず見つけたのが、小さな防水工事会社の事務だったが、これも現場に引っ張り出されたことと、一緒に入社した性格の悪い女性事務員が嫌で3ヶ月で辞める。
 
次が、飲料系製造会社の事務で採用してもらうも、販売事務と品質検査の掛け持ち仕事だった。
 
これはこれで難なくこなしたが、事務所にいる女性社員と気が合わなくて1年ぐらいしんどい思いをする。
 
いつの頃からか女性社員に対して苦手意識が芽生えてしまっているようで、動悸が激しくなるぐらいに追い込まれ、もう辞めようと思い開き直ったらそこから普通にその女性とは話せるようになった。
 
結局、そこも辞める事になるのだが、この時だけは次の会社にお誘いを受けて行くことが既に決まった形で辞めることになった。
 
そして現在に至る…。
 
 
とまあ、ざっくり書き連ねてみましたが、男のモデルは自分です。
 
多少、脚色してありますので、100%そのまんまというわけではありませんが。
 
営業→ライター→建設作業員→事務→システム管理者といった遍歴を辿っていますが、要はどこへ行っても、何かしらのダメージエリアやモンスターは存在していて、そこをどう切り抜けて進んでいくかって事です。
 
若い時は、それこそ全て討伐しないと先に進めないと思っていましたが、こうやって年齢を重ねると、無理にモンスターを討伐しなくても逃げながら進めるってのもありだし、モンスターを仲間にするってのもありなんだと分かってきます。
 
あと、昔はスライムに苦労していたのが、今では全くの雑魚状態っていうのは、仕事経験の中でもよくありますが、これはやっぱり時間がある程度経たないと実感できない。
 
このことが30年近くかかって分かる僕のような人間と、社会人1年目から理解している人間では、その差は歴然ですね。
 
こう考えてみると、RPGそのまんまだったりします。
 
なので、希望としては転職しやすく、あちこちのフィールドに好きなように出かけられる社会だと、もうちょっと楽になれるんだろうけどなって、よく思います。
 
誤解しないで欲しいのは、転職しようが、色んなところに行こうが、そこはそこで自分のレベルよりやや高い問題(クエスト)が待ち受けているのは避けられないってこと。
 
その中で、討伐したり依頼をこなすことで、僕らのような凡人は生き抜いていくしかないわけで。
 
でも、一番はやっぱりRPGのルールを作る側に立てる人っていうのが凄いんでしょうけど。

メールや電話をできるだけ無視する

タイトルは、僕自身のことなんですが。
 
LINEはやってないですが、もしやってたらけっこう大変な事になってかも。
 
既読スルー連発は間違いなしょうから。
 
メールにしても、携帯メール、Gmailともにほぼスルーしちゃいます。
 
携帯にくるメールはほとんど開ける事無くゴミ箱行き。
 
妻からのメールも読んだり読まなかったりで、返信することもほとんどありません。
 
仕事のメールも、けっこう未読のまま無視してて、後からけっこう焦るパターンがあります。
 
友人から送られてくるメールは滅多に無いんで、あれば逆に何か必要な連絡事項なのだろうと思い、読んで必要だったら返信するぐらいです。
 
携帯電話も気分的に出たくない時は、できるだけスルーします。
 
それは仕事先の電話であっても、そういう場面があります。
 
まあ、酷い話しだと思われるでしょうが、こうやって自分の中のバランスを無意識に保っているんでしょうね。
 
しかしながら、全く繋がりたくないわけでもなく、このようにブログ発信は続けています。
 
とは言っても、このブログも積極的な交流ができているわけじゃないので、ある意味一方通行な発信ではありますが。
 
ただ、こんだけメールや電話を無視していると、変な詐欺メールとかにも引っかかりません。
 
なんせ、中身すら見ずにスルーするのですから。
 
これだけは利点と言えます。
 
こういう繋がり方していると、というか実際には繋がってないのですが、必然的に孤独な状況を作り出してくれます。
 
僕の場合は、奥さんがいるので、目下のところ話し相手も遊び相手もほぼ奥さんという状況が10年近く続いてます。
 
たまに、これで良いのだろうかという考えが頭をよぎりますが、今のところ充足しているのでいいかなと。
 
ただ、奥さんに先立たれたら困るなぁとも思っていますが(^_^;
 
孤独な状況を作り出しやすい人というのは、世の中には一定数存在していて、たぶん自分もそんなタイプなんだろうと自覚できるようになりました。
 
それが嫌だって思う人は、そこから孤独との戦いになるんでしょうが、別に嫌じゃ無くてむしろそれはそれで快適という人は、繋がりを必要最小限にして生活するのもありだなって思ってます。
 
という、とりとめの無い記事でした。

いつからクラウン?

トヨタのCMだったかで「いつかはクラウン」ていうキャッチコピーがありましたよね。
 
最初に書いておくと、僕はそんなに車に興味無いし、そこそこ疲れない程度に乗れる車であれば何でもいいという人間です。
 
なので、クラウンなどの高級車に乗りたいとか欲しいとかは、一度も思った事がない。
 
仮に宝くじで3億円当たったとしても、今の車を高級車に買い換えるだろうかと想像すると、まずそれは無いと言い切れます。
 
ちなみに、今乗ってる車は日産のNote、新車価格で160万円でした。
 
1200CCしかないんですが、意外によく走るのでけっこう気に入ってます。
(多分、車体が軽いんでしょうね。)
 
ですが、僕の周りを見回すと、そこそこ若いのにベンツやBMW乗ってる人間がけっこういるんですよ。
 
彼らのお財布事情までは知りませんので、もしかしたら車の支払いであっぷあっぷしてるかもしれません。
 
稼ぎのほとんどを車につぎ込んでいるのかもしれません。
 
そういうのは、そもそも僕とは価値観が違うんで、そんな人もいるよねぐらいなんですが。
 
社会人になった頃でしょうか、自分も年を取ったらクラウンに乗ってたりするんだろうか?って想像してたんですよね。
 
今年50歳になろうとしてるくろばこですが、全くもってそういう気配無しです。
 
買おうと思えば新車購入が可能な蓄えはあります。
 
が、買っちゃったら、それはそれで今後けっこうな負担になりそうだし、いわゆる余裕資金で買うって状況じゃないので、結果、背伸びした状態でクラウンに乗るってことになるんですよね。
 
ということで、別にクラウンに乗りたいわけじゃないけど、クラウンに乗れるステータスに僕は未だに達していないんだなぁと思った次第。
 
というか、そのステータスってどうやったら手に入るんだ?
 
庶民っていったい誰を指すんだ?
 
と、クソ暑いさなかに思ったどうでも良い話しでした。
 

サマータイム雑感

2020年の東京五輪に合わせて、日本でもサマータイム導入が検討されるとのこと。
 
これについて、世論は賛否が巻き起こっているわけですが、個人的には、まあどっちでもいいかなって感じ。
 
なったらなったで、そのように生活するだけですからね。
 
反対論としては、アジアでは例が無いとか、労働時間が長くなる恐れがあるとか言われています。
 
「アジアでサマータイムの例が無い」だけでは、反対論としてはちょっと弱いかなぁ。
 
そこで突っ込ませてもらうなら、「アジアで例が無い」ことがなぜ「日本での導入反対」になるのか、あまり理論的な説明になっていないから。
 
日本がアジア諸国の一つなのは確かですが、それだけではサマータイム導入は無理という話しに繋がりません。
 
何故アジアではサマータイム導入できないのか、そこの論が知りたいんですよね、個人的には。
 
まあ、緯度が高い欧州諸国で導入できているというのは理屈としてあるんでしょうけど。
 
普通に考えれば、日が照っている時間が長いからですよね。
 
僕はイタリアへ2回旅行した事があるのですが、その内の1回は5月でした。
 
JTB担当者の説明でイタリアはサマータイム期間ですから、時差には注意してくださいねって言われてましたが、現地に行くまではあまり実感が無かったです。
 
ところが、イタリアに着いて観光していると、夜の7時になってもまだ昼間のような明るさでして、8時過ぎた辺りからやっと夕暮れがやってくるという現象に戸惑いを覚えつつも嬉しくもありました。
 
だって、観光する時間が最大限に有効利用できましたから。
 
個人旅行なので、時間が許す限りあちこちへ出かける事ができ、なんか一日が長く感じられて得したなって気持ち。
 
そう、遊びや観光って事に限って言うと、サマータイムってけっこう良い制度だという実体験だったんですね。
 
でも、これが仕事となるとなぁ、、ちょっと受け止め方が違ってきそうです。
 
もちろん、サマータイムで日が長いからといって勤務時間が延びるなんてことはあってはならないですが、日本の企業ってそういうところ、けっこうブラックですからねぇ。
 
サラリーマンに限らず、日雇いの人とか含めてサマータイムは勘弁してくれよって思う人も多いかも。
 
あと、日本は時差そのものに慣れていないというのもある。
 
アメリカだと日付変更線がいくつもありますから、同じ国なのに、時差込みの計画や行動に慣れています。
 
欧州も国は違えど、お隣さんに行く感覚で国境を越えますから、やっぱり時差への対応は慣れっこ。
 
他に考えられるのは、やっぱりシステム関連の問題でしょうかね。
 
一番身近な時計なんかは別にかまわないでしょうけど、製造工場とかに導入されている独自OSのシステムなんか、どうなるのか興味があります。
 
PCのWindowsは割と対応しやすいかもと想像しますが、それ以外、つまりその企業独自開発のシステムなどは簡単にサマータイムにしますってならないんじゃないかなと。
 
家電のタイマーとかも、そういった意味ではどうなのか、これも疑問ですね。
 
じゃあ、五輪の競技日程を9月とかに変更すれば?って話しもありそうですが、これは確実に不可能っぽい。
 
東京誘致前から日程は決まっていた状態だったので、その日程込みで誘致が決定した事もあるためです。
 
そもそもなんで暑い8月にオリンピック開催するかというと、一番スポーツに適さない月だかららしい。
 
え?って一瞬思うけど、4年に一度とはいえ、やはりオリンピックの人気度というか、優先順位は後になってるってこと。
 
例えば、巨額のスポンサー国であるアメリカでは、人気のアメフト公式戦が9月から開始ですが、アメリカからすれば9月にオリンピックなんかやるなってところなんでしょうね。
 
アメフトに限らず、人気スポーツというのは暑い時期を避けて開催するパターンが多いということで、仕方なく五輪はスポーツに適さない8月開催というのが、不都合な真実らしい(^_^;
 
となると、開催時間を朝方や夜にずらすしか解決策は無いのでしょうか。
 
サマータイムよりは現実的ですしね。
 
それに我が地方は東京五輪関係無いですから、東京の都合をサマータイムで地方に押しつけられても困りますし。
 
ただ、仕事辞めて自由な身になったとしたら、日本でのサマータイムも悪くないかなぁと、ちょっと期待もしてます。
 
結論は、最初に書いたように、どっちでもいいんですけどね。

皇室ネタは書きづらいけどこれはOKが出たってこと?

秋篠宮眞子様と小室圭さんの婚約延期がいよいよ現実的になったみたいですね。
 
秋篠宮様から現状では納采の儀を行えないと、正式に言われてしまった模様。
 
一部週刊誌では、小室氏の母親が元婚約者から400万円借金で金銭トラブルというのが報じられていました。
 
しかし、このネタはそれほどメディアで取り扱われる事なく、しばらく静観という状況だった感じですが、やっぱり皇室に絡む件なので下手に騒げないってところだったんでしょう。
 
ですが、秋篠宮様から納采の儀が出来ないと正式に言われたことを受けて、マスコミも一斉に報道を開始した模様。
 
この動きだけ見てみても、ああ、皇室としてはこの婚約を破談にしようとしてるんだなと理解できます。
 
メディアもそこを忖度して、報道しているという図式でしょうか。
 
このままいけば皇室スキャンダルに発展しかねない、という宮内庁の判断とも受け取れます。
 
小室氏の母の借金の件は、親子ともあれは贈与だと釈明しているので、お金のやり取りがあったのは事実なんでしょう。
 
元婚約者は贈与ではなく、貸したお金なので返して欲しいと言っており、このトラブルが解消されない限り、いや下手したら解消したとしても婚約は難しいかもしれません。
 
それぐらい宮内庁は、小室親子に対し三行半を突きつけているように感じます。
 
普通に考えて、400万円という額が本当であれば、まっとうに働いていれば返せない金額ではない。
 
にも関わらず、返済せずに贈与だと主張するところに、小室親子の闇を感じます。
 
報道では、その400万円が小室氏の学費等に当てられたとあり、それが本当なら、元婚約者の出してくれたお金のおかげで真子様と知り合う事ができた事になるんですが、そのあたり、当の小室氏本人はどう考えているのかなぁと。
 
小室氏の留学先であるフォーダム大学に、皇室の真子様と婚約している事をアピールしたのは、小室氏本人という話しも聞きます。
 
宮内庁のこのところの動きを見ていると、宮内庁が大学側にそういうアピールをするとは考えにくく、となると小室氏がそう言った事は確実です。
 
その辺もちょっとねぇ、小室圭くん、イタくない?って。
 
婚約ネタが持ち上がった頃は、爽やかな王子様キャラという小室氏でしたが、案外とそうでもないキャラなのかもしれないと個人的には感じています。
 
ただ、宮内庁はそもそも、小室氏の身辺調査しなかったんでしょうかね?
 
日本の皇室も、そのあたりはきっちりやるって噂で聞いてたんですが、どうなんでしょう。
 
 
 
 

朝、職場に来てから仕事に取りかかるまでが難しい

ここ最近、体調不良気味のくろばこです。
 
微熱が続き、やや頭がぼぉーっとしてる感じで、会話するのも周りを見渡すのも何だか1枚フィルターを通してやってる感じです。
 
会社へ出勤する時のお話しですが、朝は6時半に起床し、7:50分頃にアパートを出発。
 
朝食は食べません、というか食べられません。
 
本当は夕食を食べずに朝食を取る習慣に移行したいと努力してますが、なかなか難しいです。
 
アパートから職場まで約12kmぐらいの距離で、マイカー通勤、時間にして20分ぐらいですかね。
 
ローカル住人はこれが基本ですね。
 
職場には8:15分頃着。
 
真っ先にPCの電源を入れます。
 
PCが起ち上がったら、勤務管理システムをチェックし部下からの時間外業務申請の承認をします。
 
管理職なので、この作業はどうしてもやっておかないといけません。
 
部下に残業代が出なくなりますし(^_^;
 
ただ、申請の中身は特に詳しく見るわけでもなく、機械的に承認ボタンを押していきます。
 
え?それじゃ管理職失格だって?
 
別にいいんです。
 
必要な残業ならすればいいと部下に言ってあるし、自分の仕事は自分で調整して上手くやれとも指示しています。
 
その上での時間外申請なので、それ以上こちらでチェックしてどうのこうの言う必要は無いという考えです。
 
もちろん、こんなこと部長や役員には言えませんが。。
 
それが終わったらグループウェア(ガルーン)で、今日の予定とメールのチェック。
 
でも、案件が面倒くさそうなタイトルのメールはとりあえず開けずにスルーします。
 
嫌な事を後回しにする、僕の悪い癖。
杉下右京さん風に)
 
で、それも済むと、外出や打ち合わせの予定が入ってなければ、デスクでの事務作業に移っていくわけですが、、、、ここで、僕は1回挫折します。
 
炊事場で珈琲を入れ、そこから裏口に通じる扉を開けて、外の景色を眺めながらボーッとします。
 
だるいなぁと思いながらデスクに戻り、そこで仕事にとりかかればいいものを、SBI証券のHPで自分の投資信託の成績状況をチェックしたり、自分のブログを読み直したり、Feedlyで登録しているブログを読んだりと、なかなか本業に取りかかれません。
 
本当に下げ気分の時は、お昼休みぐらいまでこんな調子でグダグダだったりするんです。
 
そんなんでお前の会社大丈夫なん?って突っ込まれそうですね。
 
でも、期限がヤバイやつとか最低限しなければいけないタスクは、自然とやってるんですよね。
 
本能的に、そこは知らずに体が動いているっていうか、ある意味セルフでのリスク回避みたいなものでしょうか。
 
ただ、怠け者と言われれば否定できません。
 
けど、これってある種のビョーキなのかなと最近は自分で納得することにしています。
 
僕はどちらかというと、無意識に孤独な状態を作り出してしまうタイプで、そういうのも影響しているかもしれません。
 
なので、電話がかかってきたり、誰かと打ち合わせしたりすると、少しやる気スイッチが入ります。
 
でも、協議が何回もあってずっと人と話してたりする状況が続くと、終わった時にもの凄く心身がだるくなり家に帰りたくなります。
 
こんな50歳のサラリーマン管理職、他にいるのか疑問ですが、ずっとそれできちゃったので、もうあきらめています。
 
ということで、僕の職場での風景の一部を書いてみました。

モンハンダブルクロス~めっきりプレイ時間が短くなった

switch版モンハンダブルクロスのプレイ備忘録です。
3DS版は未プレイ)
 
最近は、モンハンXX記事がほとんど出なくなりました、くろばこです。
 
全くプレイしてないかというと、そうでもないです、が、明らかにプレイ時間は減りました。
 
最近は、アニメ鑑賞の息抜きにモンハンXXを遊ぶみたいな感じです。
 
でも、それが息抜きにならないのがツライところ。
 
HR開放後のG級クエ、特にG級獰猛化は1回やり出すと、30分ぐらい時間取られてしまう。
 
しかも集中しておかないと、すぐに3乙でクエ失敗になっちゃうんで、気も抜けない。
 
これじゃ、息抜きに遊ぶって感じになりませんよね。
 
目下のところ、特に目標が無かったのですが、とりあえずグギグギグ装備作ってみようかと思ってます。
 
でも素材集めが面倒くさい。
 
G級獰猛化ショーグンギザミはまだ我慢出来ますが、G級獰猛化イビルジョーだけは勘弁して欲しい。
 
体力多すぎで、時間がかかる。
 
はっきりいってG級飢餓ジョーよりも体力があるって、意味がわかりません(^_^;
 
でも、必要な素材集めに獰猛化ジョーを4~5回は狩らないといけない感じです。
 
こんだけめんどくさい素材集めやって作る「グギグギグ装備」、本当に良いものなのかちょっと疑問ではありますが。
 
アトラル・カをもう少し狩って、ネセト装備を最終強化まで持って行った方が良いのかなとも悩んだりしてます。
 
でも、これもなかなかあの「玉」が報酬で出ないんですよね。
 
後は、弓に少しだけハマってます。
 
スキュラルヴァルアローを作成したので、作ったのなら使わないとね♪ということで、遊んでます。
 
最初はブレイブスタイルでやってましたが、なかなかその強さが実感できない。
 
要は下手くそって事なんですが、じゃあ、最も弓と相性の良いブシドーはどうだろうとやってみたら、ブレイブよりは討伐時間が短縮できたので、自分にはブシドー弓の方が合ってるのかなぁと。
 
ブレイブはゲージ溜めないと剛射出来ないのですが、ブシドーはいつでもできるのが良かったのかも。
 
でも、まだ距離感とか立ち回りとかが上手くいかず、G級イャンクック先生相手に15分近くかかってしまいます。
 
ネセト装備のエリアル大剣だったら0分針なので、自分にはまだ大剣使う方がメリットあるなぁって状況。
 
ただ、弓はガンナー系の中でも割と扱いやすいというか、ボウガンとかだと弾の管理しないといけないのが、それが無いだけでありがたい。
 
しばらくはこんな感じで、おっつらと遊んでいます。