Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

久しぶりに仕事で落ち込んだので記しておく

ここ最近ブログも更新せずに何をしていたのかについては、詳しくは書きませんが、単純に忙しかったからです。
 
300人規模を集めての講演イベント企画があり、担当責任者としてバタバタしておりました。
 
何とか無事にイベントも終了したのも束の間、イベント翌日の土日で出張、しかも取引先の社長夫妻、副社長夫妻を連れてのお出かけでしたし。
 
他にもあれこれありましたが、ブログ記事を書く気力も暇もないぐらいの日々で、やっと最近落ち着いたなというところ。
 
まあ割と、全般的に物事が上手く運んだおかげで気が緩んだというか、落とし穴があったというか。。
 
ある団体の視察を受け入れる話しがあって、まあ、それは懇意にしている取引先との関係もあり相応の対応をしようと準備をしていたのです。
 
先方は関東方面から来られるので一泊二日、よって夜は懇親会を計画し、費用も我が社と懇意にしている取引先とで折半にすることにして稟議を回しました。
 
ところが部長が、「なんで視察を受け入れる我が社が懇親会費用を負担しなきゃならんのだ?視察料をもらわないといけない話しじゃないのか。」と言ってきました。
 
確かに部長の言われることはごもっともなんですが、色々な絡みもあり、うちと相手団体との関係だけの話しでもないし、つまるところ忖度した結果がこうなんですと説明しました。
 
なかなかバシッと明確な返答ができない自分に凹みましたし、基本、僕の仕事は費用を使わせてもらってなんぼの業務ばかりなので苦しい答弁となってしまいました。
 
実際のところ、懇親会費用を徴収させてもらいますとか、視察料を払ってくださいとか言えないでしょうし。。
 
振り返ってみるに、自分としてはこちらが費用を持って対応すべきでそれは当然のことと思い込んでいたのが、部長の指摘によって崩され面目を保てなかったことで落ち込んだのだと思います。
 
これだけのことなんで、なんだそんな程度の話しかと思われるかもしれません。
 
けど、今の職場における自分の微妙な立ち位置からすると、けっこう冷や汗もので且つ「こいつ費用ばっかり使いやがって、事業の足引っ張ってるんじゃねぇよ」と周囲から思われてるんだろうなと考えたら、どーんと落ち込みました。
 
どうせ今の会社を辞めようと思ってるわけだから、そんなに落ち込まなくてもいいような気もしますが、、。
 
やっぱりね、他人からよく思われたい、否定されたくない、かっこ悪く見られたくない、できる人間だったと思われながら辞めたい、、そうしたしょうもないプライドや承認欲求に支配されたままなので、落ち込んじゃったんですよね。
 
しばらくはこの件で後々もありそうですが、粛々とやるしかないですね。
 
周りからは、あれこれ言われるとは思いますが。。

加計学園の件は何が問題なのかよくわからない

文科省の前事務次官が、首相の強い意向があったとする内部文書は本物であることを認めて、またまたメディアは大騒ぎです。
 
獣医学部新設に関し、官邸の最高レベルが言ってるという内容だったわけですが、ずっとこのニュースを見聞きして思うのは何が問題なのだろうってこと。
 
「官邸の最高レベル=首相」の意向が仮にあったとして、それはそれで別に何の不思議もない話しであり、なぜメディアや野党が騒ぐのかがわからない。
 
国のトップが方向性や政策を持っていて、下にいる官僚がその意向を読み取りそれに沿う事務作業や手続きをする、というのは至極普通のことで、我々民間組織においても当たり前の話しですよね。
 
たまたま加計学園理事長と首相が友人同士であったため、なんらかのやり取りがあったんだと勘ぐられるのは仕方ないですが、仮にそうであっても格別に問題はない話しだと思います。
 
安倍首相の選挙区の住民でない加計学園理事長が、仮に安倍首相にお願いごとをしたとしても、そこには何の違法性もありません。
 
ましてや、賄賂を送ったわけでもないですし。
 
この話しは、せいぜいのところ陳情レベルの話しだと思ってます。
 
これを問題にするなら、自分の居住区に新しい道路を作ってくれと議員のところに陳情に行くのもダメという事になります。
 
不公平とかを問題にする人もいますが、そもそも公平って何って話しでして、議員とパイプが繋がっている人や市町村のところにお金がよく落ちるのは今に始まったことではなく、また、その因果関係を証明するのは困難です。
 
全ての陳情を聞いていたら、国の運営なんかできません。
 
メディアがこの一件だけを取り上げること自体がおかしな話しで、それこそ公平性に欠けるものです。
 
僕が思うに、問題とするべきは獣医師会という既得権団体の抵抗やそれに加担する自民党族議員、特に農水族の存在でしょう。
 
獣医師会の強い意向により、大学の獣医学部新設は長い間実質的に制限されてきたようです。
 
それは、獣医師が増えすぎると、自分たちが食えなくなるからという理由からです。
 
だから今回の国家戦略特区についても言いがかりをつけ、地域限定すべきとかになったわけですね。
 
その獣医師会の忖度を受けて、族議員達が裏で暗躍している問題をメディアが本来は追求すべき事であり、どちらかというと安倍首相はそうした既得権益団体の影響をできるだけ排除しようとした側なんじゃないでしょうか。
 
ここで見えてくるのは、獣医師会は農水省、学園建設や学部新設は文科省という構図。
 
なんとなく雰囲気が察知できますよね。
 
お互いの省庁と族議員が、自分のところのメンツのためにあれこれ画策する姿を思い浮かべれば、アホらしいとしか思えません。
 
あと、付け加えておくと、今治市を教育特区に指定したのは民主党時代の鳩山さんであり、当時の加計学園民主党議員が実際に話し合いまでしているという事実があります。
 
忖度なんて仕事してたら当たり前の話しであり、民進党だって与党時代は似たようなことやってたわけですから、何を今更大騒ぎしているの?このオタンコナスてなもんです。

共謀罪雑感

当然、左側の人たちからは猛烈な反対が起きることは想定済みでしたが、、なんか議論が噛み合ってない感じが否めません。
 
知られている通り、共謀罪法案の背景にあるのは、国際組織犯罪防止条約TOC)の締結と批准にあるわけです。
 
しかし、共謀罪法案など無くてもTOC加盟は可能だとか、加盟のみで共謀罪を履行しなくてもよいのだとか、なんかめちゃくちゃな論で戦おうとしていますよね。
 
以前、民主党政権時代に共謀罪無しでTOC加盟すると公約を掲げていたのに、結局加盟は実現しなかったという過去があります。
 
そのことについて、客観的かつ明確な理由説明がなされないまま先頭に立って反対の旗を振っています。
 
民進党と名前を変えたとはいえ、似たような人たちで構成されている政党なのですから、当時の事について話す必要があると思うんですけどねぇ。
 
国連加盟国で加入してないのは、日本を含めわずか10数カ国、先進国だと日本だけと言われているTOC
 
共謀罪そのものに反対するより、TOC加盟に反対するべきなんじゃないのかなと感じます。
 
国際的にみて、加盟には法整備が必要なのは明白ですし、加盟しても法の履行はしなくても良いなんてふざけた話しが通用するのは、お隣の国ぐらいなもんだと思うのです。
 
まさか日本もお隣と同じレベルでいいなんて、みなさん思ってるわけじゃないでしょうに。
 
TOC加盟を目指すなら、どちらにしろ今の共謀罪法案成立は不可欠でしょう。
 
仮に廃案に追い込んで、民進党が与党に返り咲いたとしても、TOC加盟を目指すなら似たような法案を出さざるを得ない状況になるのです。
 
結局は自分の首を絞めることになるってだけの話しのような気がしますね。
 

森友学園問題のちょっとした雑感

ここ最近、森友学園の理事長を退任した籠池氏が頻繁にメディアに露出しています。
 
それに併せて、財務局とのやり取りなども公開されて、再度盛り上がりの兆候を見せているようです。
 
で、この近頃の色んな話しをニュース等で見ていて思ったことがあります。
 
それは、籠池氏がやってることって、首相夫人や首相との蜜月をバックに財務局を押さえ込んだだけのことじゃなかろうかって。
 
財務局も中央の職員じゃなければ、所詮は宮仕えなわけであり、首相と仲の良い森友学園理事長が乗り込んできたら、そりゃあちらさんの条件を呑むしかないでしょう。
 
なので、構図としてはすごいシンプルですよね。
 
政界有力者との繋がりをちらつかせて、条件闘争を勝ち取っただけの話しじゃないのかなと、最近は感じています。
 
だから、どっちかというと、突っ込まれるべきは籠池氏が取ったそういう手法だと思うのですが、まあ、これも実際にはよくある話しだし、素材としては面白くないということでメディアも掘り下げないんでしょうね。
 
 
 
 

やっぱり体調よくない

4月18日から高熱を出して、その後インフルエンザが判明。
 
で、インフル用の薬をもらって落ち着いたのが4月23日。
 
これでいつも通りに戻ると思ってましたが、何故か37℃代の微熱がずっと続き、食欲もなかなか戻らずぐったりした状態で生きておりました。
 
微熱だけど、全く動けないというわけでもないので仕事には出てましたが、ただでさえやる気がない自分が、そのような体調で仕事するわけもなく、ひたすら時間つぶしの日々。
 
そのままGWに突入、親父が手術で入院したりとバタバタしてましたが、さすがにこの頃には回復するだろうと思ってましたが甘かった。
 
微熱は続き、今度は頭痛もひどくなる始末。
 
この頭痛は、たぶん鼻が悪いので膿が溜まって炎症起こしてるんだろうなと想像してましたが、これもなかなか治らない。
 
結局、5月3日から7日までのGW5日間、どこにも出かけることなく、家の中で過ごす羽目になりました。
 
まあ、家から出なかったのは他にも理由がありますが、それはまた別の機会に。
 
ともかく、ひたすら微熱で体がだるく、おまけに腹膜鼻腔炎による頭痛も重なり、何もなかった連休となってしまいました。
 
ブログ記事の更新もまったくする気が起きず、今に至っております。
 
とりあえず連休明けに耳鼻科に行き、検査してもらいました。
 
先生の見立てでは、微熱が出るほどの炎症はしていないとのことで、別に原因があるのではないかと言われました。
 
インフル発症以降、いくつもの病院巡りをしていたので、また別の病院に行って症状を説明したり検査したりするのもめんどくさく、とりあえず放置することにしてます。
 
抗生物質もらったから、これで原因のわからない微熱が治まってくれればと祈っております。
 

体調不良自慢

今回の体調不良(インフルエンザ&腰痛&微熱)は、久しぶりにこたえました。
 
 喘息持ちということもあり、体調崩して気管支が苦しくなるというパターンはしょっちゅう経験しているので、それに関する予防線は、早めに点滴を打つなどして対処してます。
 
なので、その症状についてはそれほど大事になる前に治まるのですが、今回は、それとは全く異なるパターン。
 
まず、インフルエンザですが、正直なめてました。
 
熱が上がるぐらいのことで、下がれば後は家でゆっくり休養してウィルスが無くなるまでおとなしくしていればOKなんでしょ、と簡単に思ってたんですよね。
 
実際には、熱が上がった時の肉体的、精神的ダメージが大きく、久しぶりに寒気で布団から出たくないという状況を味わいました。
 
薬を処方してもらい、高熱からは解放されたものの、その後続く微熱のおかげで、やはり体力的にも精神的にも色々と削られました。
 
年寄りや子供がインフルにかかるとやばいというのが、何となく理解できた気がします。
 
そして、腰痛。
 
これだけの腰痛に苦しめられたのも人生初。
 
何が原因かはよくわからないのですが、恐らく、寝込んでいる時にほとんど寝返りも打てずに横になってしまった事かなと想像しています。
 
何がツライかって、トイレで大をした後、お尻を紙で拭くことができないぐらい痛いこと。
 
今までどうやって拭いてたっけ?と思うぐらい、腰をかがめることができなくなりました。
 
車の乗り降りもしんどくなり、さすがにやばいと思い、整骨院で診療してもらったところ、「早めに来て良かったですよ。もう少ししたら、真ん中の背骨付近が痛み出すようになって、そうなるとたぶん痛み止め飲まないと耐えられないぐらいの状況になってたかも」と言われました。
 
あと、驚いたのは、先生曰く、僕の腰はそんなに強くないとのことで、腰痛になりやすいタイプらしいです。
 
今までそんな風に思ったこともなく、どちらかというと腰は他の人より強い方だろうなと勝手に思い込んでいただけにショックでしたね。
 
腰痛に加え、微熱が続く状態が続き、ほぼグロッキーな毎日を送っています。
 
体調が回復したら、少しずつ運動して少なくとも健康だけは維持できるようにしたいなと、殊勝に誓いを立てているところですが、、実行に移せることやら(^_^;
 
いやぁ、久しぶりにしんどい思いを味わいました。

「東北で良かった」は別に珍しい話しではない

別に、今村復興相の発言を支持するとか、肩を持つとかではありません。
 
強いて感想を言うなら、国会議員のレベルなんて所詮あんなものでしょうぐらい。
 
あの発言を盾に取り、ここぞとばかりあれこれ言ってる野党議員も同じレベルなんで、端から見てるとどっちもどっちだなという印象です。
 
おまけに審議拒否までしてるんですから、野党の仕事放棄にはほとほと困ったものです。
 
で、「東北で良かった」発言ですが、それって別に珍しい話しではないでしょうにと。
 
原発を作る場所は、必ず人口が少ない地方の田舎と相場が決まってます。
 
原発の電気を必要とするのは都会や都心なのだから、普通に考えれば必要とされる地に作るのが合理的でしょとなるはず。
 
でも、建設されるのは地方の田舎ですよね。
 
要はそういうことです。
 
事故や震災など有事の時に、その方がリスクが少なくて済みますから。
 
原発は地方に作っておいて良かったね、となるわけです。
 
似たような話だと僕は思ってるんですけど。
 
別に皮肉で言ってるわけじゃなくて、実際のところそれが現実の話しなんだし、原発を地方に作ることによってある程度のリスク回避をしているという事実に、誰もが知らないふりしてるんでしょうか。
 
僕は、人口の少ない場所に原発を作るという方法を別に非難しているわけじゃないです。
 
人口密集地に作って何かあった時の方が、後々の混乱が大きくなりすぎ、それによって引き起こされるダメージは想像以上に大きくなると考えます。
 
だから、僕は自分の住む山陰に原発がある事は当然だと思ってますし、何かあった時に、田舎に作っておいて良かったと誰かが言っても、別に腹を立てたりはしません。
 
本気で嫌なら、この地から引っ越せば良いのですから。
 
単純にね、人口の少ない地方が都心部より被害が少ないってのは、誰もが知ってる暗黙の了解みたいなものですよね。
 
そんなこたぁ、わかってんだよ、でも復興大臣がいちいち口に出して公の場で言うのは、ちょっと頭悪すぎなんじゃねぇのってことです。