Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

ネットの世界もイケてる奴が牛耳るようになったってことかな

これも単なる愚痴でしかないですが。
 
YouTuber、大人気ですよね。
 
子どものなりたい職業で1位でしたっけ?
 
TVのバラエティーや情報番組に取り上げられたり、YouTuber自身が出演したりと、まあすごい。
 
同じようにブロガーもYouTuberにその座を奪われた感はありますが、グルメ番組などでは有名ブロガーのネタを取り上げたり、実際に芸能人とロケに行ったりして、これまた大人気。
 
爺くさい話しはしたくないですが、それこそ昔々、ネットに常時接続なんてとんでもない時代だった頃は、2チャンネルのようにカオスな空間で中二病に冒されたやつか、中高生時代まったくイケてなくてネットの中に存在場所を見つけた人間が発信して楽しむ世界だったように思います。
 
しかし今やネットは、メジャーなインフラの一つとなり、誰でも知っていて誰もが当たり前に利用するものに変貌しました。
 
もちろん、これはこれで良いことなのでしょうが、当然の如くそうなれば、ネット世界でも微妙な格差が出てきます。
 
リアルの世界では身の置き場がなく窮屈に生きていた種類の人間にとって、ネットの世界っていうのはオアシスだったんですよね。
 
それが、リアルな世界でイケてる連中がネットの世界でも幅をきかせるようになりました。
 
それがYouTuberだったり人気ブロガーだったりするわけです。
 
YouTuberが動画でやってることって、中高生時代にヒエラルキー上部で輝いていた奴らがやっていたことと基本的に同じです。
 
ヒエラルキーが上の人間というのは、映画「霧島、部活やめるってよ」で登場する宏樹や竜汰、 沙奈、 梨紗といった人達。
 
逆に下位に位置するのが、映画部の前田や武文といった人達。
 
ちなみにタイトルでも出てくる「桐島君」はこの学校でのヒエラルキー頂点に位置する人物だろうと想像できますが、ご存じの通り物語に本人は登場しませんので外してます。
 
この作品は、学校内におけるスクールカーストの悲哀や空気感を上手に描いています。
 
よくある青春映画と違い、爽快な結末も物語としての起伏もほとんどなく、ラストもこれで終わりなのって感じです。
 
でも、スクールカーストの下位、もしくは下位ではないにしろ上位の人達とは打ち解けられなかった経験がある人が観ると恐らく面白く感じられる作品じゃないかなと想像します。
 
ネットの世界は最初は、「桐島、」で登場する前田や武文のような人達が堂々と大手を振って生きていける場所でした。
 
ですが、徐々にネットがメジャーになるにつれ、桐島や竜汰、 沙奈といった人達も進出してきて、人気ブロガーやYouTuberとなりネット界を賑わせているのです。
 
「桐島、」で登場する前田や武文のような人達は、有名ブロガーのようにリアル世界で多くの知らない人同士と交流したり、TVで上手に喋ったりなんてできません。
 
YouTuberのように、公衆の面前でお馬鹿な動画を撮ったりすることはできません。
 
人知れず、黙々と自分の好きな世界に入り込むことで精一杯なのです。
 
もちろん、ネットの世界は広いですからそういう人達でも居場所はまだあります。
 
ですが、以前のように自分たちがネットの世界のメジャーな住人だとは言いづらくなりました。
 
芸能人がブログやインスタやればあっという間に閲覧数が獲得されるのを見て、ネットの世界も結局はリアル世界のパワーが物を言うのだと実感させられました。
 
そう思うと、なんだか悲しくなってきますね。
 
で、僕は中高生時代、ヒエラルキーのどの位置に属していたかというと、上位から下位まで一通り経験しました。
 
その中で、スネ夫のように上位の人間とうわべだけでも上手くやっていく方法を身につけたりしましたが、最終的に友人というのは2人ぐらいしかできなかったように思います。
 
だから、こんな記事書いてるんでしょうけど(^_^;

自分が困っている状況を他人に言えない性分

職場で周りの人に、自分が困っている状況になった時、SOSを発信できますか?
 
家庭内で妻や親に自分の悩みや困りごとを相談しますか?
 
多くの人にとっては、今書いたようなことは朝飯前だったり、普通にできることなんだと思います。
 
ですが、僕はそれが基本的に出来ません。
 
例えば、仕事でちょっと面倒な案件を役員からふられていて、何をどこから取りかかっていいのか分からなかったとします。
 
新規案件だったり、前例が無いものだったりすると、一般的に言う「教えてもらう」ことや資料をもらうことは不可能となります。
 
なので自分の頭で考えて解決していく必要があるのですが、ここで普通の人であれば、職場内の雑談の中で「実はこういう案件ふられていてさぁ、どうしたらいいのかわかんないんだよね」みたいな会話をあちこちでして、そこから糸口を掴むみたいなことをすると思います。
 
または、「今抱えている案件、どうにもやりようがわかんなくて、何かいい妙案無いかな」と直球で職場内で相談する人もけっこう多いでしょう。
 
家庭に戻れば、仕事での難しい案件を抱えていることを相談したり愚痴ったりするでしょう。
 
そういう、おそらくはほとんどの人が当たり前にしていることが、僕はできないのです。
 
プライドが高いのかなと自己分析しておりますが。。
 
気軽に自分が今困っていることを雑談でもいいから喋れたら、どんなに楽だろうかとは思います。
 
でも、それができない。
 
親しい人があまりいないからというのもあるかもしれません。
 
しかし、家で奥さんに話せないのはその理屈じゃ通りませんから、もっと別何かか、小さなプライドの問題なのかと。
 
もう一つ思いつくのが、あまり人に借りを作りたくない、恩義を感じなければいけない状況を作りたくないって考えていることです。
 
人に何か頼んだりお願いしたりすると、それはそれで申し訳ないという気持ちと、その恩を今度は自分が返さなきゃいけないというプレッシャーが嫌なのかなと思っています。
 
そういうことから出来るだけ逃げようとして生きてきたので、人との関係性は非常に希薄だったり距離を置いたものになりがちです。
 
これも自分で選択した道なので、自業自得ではあるんですけどね。
 
悩み事は表に出してしまったり、他人にもわかるようにしてしまうと、本当に簡単に解決したりすることがあるのだと思うのですが、、約半世紀生きてきてもそれができないのが悲しいです。

モンハンダブルクロス~HR開放はまだ先だった

switch版モンハンダブルクロスのプレイ備忘録です。
3DS版は未プレイ)
 
いつぞやの記事で、集会所クエ終わってHR開放できた!みたいな記事書いたけど、あれ勘違いでした(^_^;
 
いやぁ、、恥ずかしい。。
 
MH4の記憶が残っていて、そんな勘違いをしていたのかと思いますが、ダブルクロスはG級クエを終わらせないとHR開放にならないんでした。
 
だから、集会所クエ7の緊急クエ終わった時に、HRが8にしかならなかったのがおかしいなとは思っていたのです。
 
そこまで貯まったポイントが加算されるので、開放すると一気に50とか70とかにHRが上がるのが普通ですから。
 
実際はG級クエ4まで終わって初めてHR開放されるのですね。
 
今はG級2に上がる手前ぐらいですね。
 
まだ先は長いなぁ。
 
多分、G級は一つ一つ地道に潰していこうと思っていたのが、途中で痺れを切らしてキークエだけをやるようになるような気がします。
 
話しは変わりますが、イビル・ジョー苦手です。
 
他のクエ中に乱入されると、恐怖すら感じます。
 
だいたいのモンスターは、「お前から返り討ちにしちゃるわ」って感じで戦うんですが、ジョーに関しては乱入されたら逃げ出す事にしています。
 
奴のデンプシーロールがなかなか見切れません。
 
あと、やたらと体力がありすぎるのも嫌。
 
普通、尻尾切断したら、そこからは割とすぐじゃないですか。
 
でも、ジョーは尻尾斬られても何故か元気。
 
そう見えるのは僕だけでしょうか?
 
尻尾斬って、よしもうすぐで討伐だ!と勢い込んで攻撃しているとすぐに反撃くらいます。
 
なので、最近は弱って眠らせても無理に攻撃せず、罠で捕獲して討伐完了にしています。
 
ジョーさんに対する愚痴でした。

不調な時や嫌なことがあると運勢占いに頼ってしまう

ある運勢占いによると、今年の僕は低迷期らしいです。
 
もともと、僕は占いや運勢診断を信じないタイプで、その手のものに全く関心がありませんでした。
 
しかし、ここ10年ぐらいでしょうか、自分に自信が持てない時期が続き、精神面でも落ちる時が多くなったりするようになると、ネットで占いサイトを探しては今の自分やこれから運気がどうなるのかを見ることが多くなったのです。
 
特にしんどい時とか、何も手につかない時などは、今日は良い日なのか、明日の運気は?、じゃあ来週は?みたいにずっと調べてたこともあります。
 
20~30代の頃の自分からすると、とても考えられないんですけどね。
 
たぶんですが、「自分が落ちている理由付け」を欲しているんじゃないかと想像します。
 
「今日は占いでは悪い日だからしょうがない。」とか「今年は全体的に何やってもダメな運勢年だから」とか。
 
それで自分が本当に救われているのかは、正直わかりません。
 
得体の知れない精神不調に何かしら理屈を見い出したい、それでどうなるわけでもないけどせずにはおれないという変な心理状況。
 
なので、運勢占いに対する僕のスタンスというのは、健全とは言いがたいものなんでしょうね。
 
しかし、色んな運勢占いあるみたいですが、当たっているともそうでないとも言い切れない微妙な感じは、どれにおいても同じです。
 
ただ、6年ぐらい前に東京出張の時、品川駅の近くで3000円払って手相を初めて占ってもらったことがあります。
 
この時は「もう少し我慢して一つのところにいるようにようにした方が良いです。あまり変わりすぎるのはよくありません。今の仕事を続けていけばかなり良い結果に繋がるでしょう。」と言われ、転職が多い自分の事を見事に言い当てられびっくりした覚えがあります。
 
占い師さん曰く、僕は大器晩成型らしいので後半でそれなりの人物になるでしょうとのこと。
 
悪い話しではないですが、まだ先のことかぁと思った事を覚えています。
 
無料の占いより、ちゃんとお金払った方が精度の高い具体的な占いをしてもらえるって事なんでしょうかね。

戦略特区で大学作るのが首相案件で何かまずいことがあるのか

いいかげん、マスコミの幼稚な報道姿勢を変えてもらわないと、日本人が本当にダメになっちゃう気がしてます。
 
加計学園の件で愛媛県知事が職員のメモについて記者会見開いてましたが、知事はどちらかというと長年の思いであった加計学園の開設は国主導で実現できたんだから、これ以上めんどくさいことを言うなとメディアに暗に言ってるような感じ。
 
しかし、どうとちくるったのか、新聞やTVは知事が安倍政権に一刺しみたいな解釈で報道しています。
 
話しに出てくるのが秘書官であることを考えると、結局は首相じゃないってことだから野党が首相を引きずり下ろす事は、これでは不可ってこと。
 
それに、そもそも知事は現物資料を確認していないにも関わらず、職員のことを信用していると言っています。
 
役人の文書改竄問題で騒いでいる真っ只中ですよ?
 
国家公務員の役人は文書改竄するから信用ならないが、地方の県職員は例え備忘録のメモと言えど信用します、なんてかなり皮肉の効いた会見だと思いませんか?
 
そもそも、加計学園の開設に関しては民主党政権時代から進められていた案件であったわけですし、大学開設はすぐ認可が下りるのに獣医学部の新設となる数十年に渡って認可されてこなかったどころか門前払いであった事実に対し、官邸主導で岩盤を崩すことを積極的に進めてきた成果が加計学園の開校だと理解してたのですが。
 
既得権益を崩すっていうのは、それなりに大変だろうし、反発も大きいわけです。
 
少なくともメディアは、既得権益の問題で獣医学部開設認可が下りなかったこれまでの経緯や構造について声をあげるべきで、問題はそこじゃないと思うんですよね。
 
なんだろうね、朝日新聞がスクープといって出した大騒ぎした記事がありましたけど、あれだってどう考えたって大阪地検が記者にリークしたものでしょ?
 
これってかなり本当は大問題になるはずなんですが、それはスルーする、もしくは政権叩くためだったら不正漏洩もOKみないなダブルスタンダードは許される風潮、かなりまずくないですか?
 
野党もマスコミも、お祭りみたいに騒ぐだけで、事の本質を全く見ようとしない姿勢をいい加減なおして欲しいです。
 

モンハンダブルクロス~久しぶりにブレイブ大剣してみたら

switch版モンハンダブルクロスのプレイ備忘録です。
3DS版は未プレイ)
 
モンハンダブルクロスをプレイし始めた当初は、大剣ギルドスタイルでした。
 
モンハン自体が久しぶりだったこと(MH4以来約4年ぶり)で、武器の使い方含めて操作がなかなか思い出せなかったからです。
 
それと、狩技スタイルって何?っていうこともありましたし(^_^;
 
ギルドスタイルはこれまでと同じって事でしたので、それでスタートしたというのが理由。
 
だんだんと感覚を取り戻すにつれて、戦いにも余裕が出てきたので、じゃあそろそろ違うスタイルをやってみようと思い、ブレイブスタイルを選びました。
 
最初は、納刀の遅さに戸惑った事と、通常の溜め3斬りができないことに不便さを感じていました。
 
ですが、抜刀した状態で敵に張り付き、攻撃を喰らうタイミングで納刀アクション→イナシの良さが徐々にわかり、ブレイブゲージ発動後の高速溜め斬りやBボタン移動回避(この時は無敵状態)、移動しながらの溜め斬りができるようになると、かなり気持ち良いのが実感できました。
 
その後、じゃあエリアルってどうなのよと思い、スタイルを変更。
 
敵とのちょっとした接触でも空中にジャンプできることにまず驚きました。
 
そのジャンプが快感になって、最初はアホみたいに跳んでましたね。
 
空中溜め斬りのタイミングが最初は掴めませんでしたが、慣れるとほぼ100%ので繰り出せるようになり、大剣の醍醐味である溜め3斬りを繰り出せる回数が圧倒的に多くなったことに気付きました。
 
なので、ほぼエリアルでクエストをクリアしています。
 
ただ、エリアルだけでやっていくより、複数のスタイルをモンスターの種類によって使い分けできた方がより楽しいかもと思い、久しぶりにブレイブに変えてみました。
 
ドスマッカオとかゲリョスとか、上位でも弱いモンスを練習台にして再試行してみたんですが、、、エリアルに慣れすぎてしまって、ブレイブの良さが全然わからなくってしまってた(^_^;
 
とりあえず、基本に立ち返り納刀→抜刀攻撃→Bボタン回避を繰り返し攻撃。
 
これはどちらかというとギルドスタイルの基本ではありますが、これによってブレイブゲージが溜まっていくので、おろそかにしてはいけません。
 
次は攻撃後、抜刀状態キープで敵の近くに張り付き、相手の攻撃に合わせ納刀→イナシを繰り返してみます。
 
イナシのタイミングを掴みつつ、イナシの途中でXボタン長押しで溜め攻撃を当てていく、いわゆる納刀キャンセルでの攻撃アクション。
 
これだと、更にブレイブゲージが溜まりやすくなるようです。
 
ブレイブゲージが溜まったら、基本抜刀状態を維持しBボタン移動しながら溜め3斬りを当てるようにします。
 
エリアルとの違いは、エリアルはそんなに敵の動きをシビアに見なくても接触すれば跳ぶことが可能なので、頭使わなくてもいいって事に対し、ブレイブは高速とはいえ溜め3斬りをしっかり当てるためには、相手の動きを読んで先回りする感覚で当てていく必要があるってことですね。
 
なのでモンスター攻略という面においては、エリアルよりもブレイブの方が本当は優れているのかもしれないなと感じました。
 
まあ、極論するとエリアルスタイルは頭使うのが面倒なタイプの人向け、ブレイブは頭使って戦いたい人向けってことか?
 
僕は単細胞だから、エリアルスタイルがツボにはまったんだなと推測してます(^_^;
 
遊び始めた頃はそんなこと全然思いもつかなかったのですが、プレイを続ける中で成長したって事しょうか。
 
しばらくは、エリアルとブレイブの二刀流を継続していく予定。
 
やっていくうちに、それぞれに相性の良し悪しがモンスター別にわかってくるかなと期待しています。
 
ちなみに、ブレイブあるあるだと思いますが、ブレイブゲージ発動している時にモンスターがエリアチェンジすると、かなりイラッとします。
 
時間と共にゲージの量が減っていくわけですから。
 
これは仕様でなんとかならないかなぁと思うのですが。
 
ターゲットモンスがエリアにいる時だけ、ゲージが減る仕様にするとか。

モンハンダブルクロス~オンラインプレイ(野良)をやってみた

switch版モンハンダブルクロスのプレイ備忘録です。
3DS版は未プレイ)
 
HRも開放したし、G級クエストもいけるようになったし、ということで思ったのが新しい装備が欲しいなということ。
 
最近のメインはのレウスS一式(弱点特攻、飛燕、攻撃力アップ大)ですが、他にも高級耳栓+αのスキルを持たせた装備も作っています。
 
そのどれもが堅鎧玉強化で350~400ぐらいの防御力。
 
平たく言えば、これらよりももう少し上の装備が欲しくなってきたってところですね。
 
G級はまだレベル1ですが、レベル2ぐらいまではなんとかなりそうかなと。
 
どちらかというと集会所クエ7や村クエ10の後半の方がまだ難しいかなという感じ。
 
獰猛化のクエはまだこれからだし、二つ名も最初の紅兜アオアシラがあまりにも辛かったのでそれ以降手を出していません。
 
要は、もうちょっと装備を良くしてから今後の難易度の高いクエに挑みたいなと思ったのです。
 
この時点で、大剣使いに適した強い装備となると、やっぱりブラックSシリーズ。
 
ブラックXはさすがにまだ手が届かないでしょうからね。
 
ブラックSシリーズは、ソロ開放クエのオストガロアで手に入る「発光する上粘液」が加工屋のキーアイテムで、ポッケ村の洞窟で手に入る「黒い○○」素材を集める必要があります。
 
黒い○○素材は、いにしえの竜骨を持っていないと採掘できませんが、これは採取クエスト回せば何とかなります。
 
問題は「発光する上粘液」。
 
これはオストガロアのクエを何度かこなさないと、必要数が集められません。
 
前回、ソロで倒したとはいえ、時間にして20分弱かかっています。
 
装備も攻撃力もその時と大して変わってないし、多少立ち回り覚えたからといっても、20分かかっていたのが10分で攻略できるようになるとは到底思えません。
 
あと3~4回倒す必要があるかなぁと思うと、ちょっとげんなりしちゃったんですよね。
 
こういうところが、ヘタレハンターたる所以でもあるのですが(^_^;
 
MH4の時も、素材集めのためにオンラインプレイで野良として狩猟に出かけていました。
 
ダブルクロスでは、まだオンラインはやってないので、雰囲気も知りたいし1回試しにやってみようかなと。
 
ただ、自分で部屋を建てるのは気が乗らなかったので、部屋探しからスタート。
 
自分のHRは9ですので、それほど多くの部屋が検索では出てきませんでした。
 
けど、オストガロアはHR開放クエなので、お手伝い部屋がもう少しあっても良さそうだったんですけどねぇ。
 
switch版で且つ最近から始めた事もあるのでしょう。
 
なんせ世間的には既にモンハンワールドが多数派のはず。
 
それでも何とか一つ、オストガロアのクエで手伝い募集している部屋を見つけてそこに入りました。
 
チャットってどれだっけ?クエってどこで受注するんだっけ?とか、部屋に入ったはいいものの、久しぶりのオンラインで且つダブルクロスでの仕様がよくわからないままだったから、けっこうあたふたしてしまいました。
 
僕が最初の一人目で、ウロウロしているうちに他2人が入ってきて、掲示板らしきところで立ち止まったので、あ、ここで受注するのかと思い、早速僕もクエスト確認して受注。
 
対オストガロア用のアイテムも準備し、よし、後は入口で待機、みんなが揃ったところでクエ開始。
 
BCで自分のアイテムを取り、いざフィールドへ!
 
しかし、戦闘開始してすぐに致命的ミス発覚。
 
「食事」するの忘れてました(^_^;
 
仕方なく、秘薬と肉で体力、スタミナ共にMAXに。
 
と思ったら、強走薬グレート飲むの忘れてた。。。
 
なんだかんだで、他のプレイヤーが既に戦っているのに、随分と出遅れてしまいました。
 
すぐに僕も参戦して、触手を攻撃。
 
エリアル大剣なので、着地時に味方プレイヤーに攻撃を当てないよう気を遣ったつもりですが、もしかしたら当てていたかも。
 
ごめんさない。
 
正直、久々のオンラインプレイでそこまで余裕無かったです。
 
割とみなさん、オストガロアが戦闘中に落とすバリスタ弾をちゃんと拾い集めたり、順番にバリスタ砲撃っていったりと慣れた感じ。
 
う~ん、さすがだなぁ、ほれぼれする。
 
オストガロアがダウンしている時、上に上ってアイテム(発光する上粘液)採取している人もおられました。
 
僕も採取しようかなと思ったのですが、準備不足で出遅れたしお手伝いクエだったしという罪悪感もあり、攻撃の方に専念。
 
と調子が出だした途端、なんと討伐完了のメッセージです。
 
時間にして4分。
 
早っ!
 
上手い人達がやってくれたとはいえ、討伐に5分かからないとは。。。
 
やっぱりオンラインだと効率が良いですね。
 
それに一応、報酬アイテムで「発光する上粘液」2つゲットできましたし。
 
ということで、あと、数回オンラインでオストガロア倒せばブラックSシリーズ完成しそうであります。