Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

南Q太

昔の話、ただの回顧録です。
 
20代後半の時に付き合っていた彼女がいました。
 
出会いは飲み屋でした。
 
彼女は当時、看護師をしていて、僕は最初の会社を辞める直前ぐらいのタイミングだったように思います。
 
彼女の家庭がちょっと複雑でしたが、もの凄く天真爛漫な感じの明るい女性でした。
 
当時は、なんとなくですが、彼女とだったら結婚してもいいなと思い、そういう話しをちらほらタイミングを見て散布してみたのですが、最終的には首を縦に振ってくれませんでした。
 
お付き合いそのものには、全く問題もなかったように思ってましたし、半分同棲みたいな生活を送ってましたから、なんで結婚にはウンといってくれないのだろう?と悩んでいたものです。
 
女心はわからん、てな感じですね。
 
まあ、まだ彼女も20代半ばだったし複雑な家庭事情もあるから、なかなか結婚までは踏み切れないのだろうと、自分の中で勝手に解釈しておりましたが、実際にそうだったかは今では確かめようがありません。
 
で、当時、たまたま彼女の家族の話しになり、自分には姉がいて東京で漫画家をやっていることを聞かされました。
 
まだ全然メジャーではないけど、週刊ヤングジャンプで新人賞を取り、定期的に雑誌に作品が掲載されているとのこと。
 
僕も漫画大好き人間でしたが、南Q太という作家は全然知らなかったので、ちょっとびっくりしましたね。
 
その頃は「FEEL YOUNG」という雑誌に書いていて、南Q太氏の連載が載る度に購読し、載ってないと「あ、怠けたな」と言って、よく彼女が姉に電話していたのを思い出します。
 
既に単行本も出版されていて、最初に買ったのが「日曜日なんか大嫌い」、次に「愚図な女ばかりじゃないぜ」を買ったかな。
 
その後、最初のメジャー級ヒット?「さよならみどりちゃん」が発売されました。
 
これは後に、映画化もされましたが、僕はまだ観ていません。
 
南Q太作品を読んだことがある人はご存じの通り、かなり尖ったものが多く、当時としては前衛的な漫画家という印象でした。
 
でも、おしゃれな空気感もあったりして、当時、僕は南Q太作品を読む度に大好きなルー・リードを重ね合わせていたものです。
 
そして彼女と、その姉である南Q太氏の2人はとても仲が良く、しょっちゅう連絡を取り合ったり、彼女が東京へ会いに行ったりしてました。
 
で、たまたま、僕と彼女が公園で子猫を拾ったんですよね。
 
茶トラの可愛いヤツで、しばらくは彼女のアパートで「トラ」と名付けて2人でこっそり飼っていました。
 
でも、子猫のうちはまだいいけど、ずっとこのまま見つからないように飼うわけにもいきません。
 
そこで彼女が姉に電話して、猫の相談をしたところ、自分の家で飼っても良いとのこと。
 
その頃、南Q太氏は同じ漫画家のSABEちゃんという人と結婚し子供も生まれたばかりで、確か阿佐ヶ谷で一軒家を借りて住んでいました。
 
僕と彼女は喜び勇んでトラと一緒に東京へ行き、そこで初めて僕は南Q太夫妻と対面したのであります。
 
南Q太氏はすらっとした、どちらかというと男前と言った方が良い顔立ちでしたが、作品から想像してたぶっ飛んだ人とも違う感じでしたね。
 
体の線も細く、美人の部類に入ることは間違いないです。
 
もちろん、彼女の行動はけっこう破天荒で、普通の人とは全然違うのですが。
 
SABEちゃんは、どちらかというとおとなしい感じでしたが、決してとっつきにくいという人でもありませんでした。
 
そこで1泊ほどお世話になり、一緒にご飯食べに行ったり呑んだりして楽しく過ごさせていただきました。
 
帰る時は、彼女も僕もトラとの別れを惜しんで、ちょっと涙ぐんでしまいましたが(^_^;
 
先ほど、南Q太氏の行動はけっこうぶっ飛んでる、と書きましたが、僕が当時の彼女から聞いた姉エピソードを少しほど。
 
地元を出て東京の短大に進学し、ある企業に就職もしたそうですが、入社3日?1週間?ぐらいで辞めたそうです。
 
辞めたというか、通勤することができなかったと話しておられましたけどね。
 
自分には毎朝同じ時間に同じところへ通うなんて無理、というような事を言っておられたように覚えてます。
 
貧乏で金が無かった時は、タマネギを生で食べてたって話しも聞いたなぁ。
 
出版社の編集者で南Q太の事が大好きな人がおられて、その人がどうしてもというので、一緒にフランス旅行に2人きりで行ったけど、特に深い仲にはならなかったとか、面白話しが次から次へと出てきて、僕とは違う世界に生きてる人達なんだなぁと感心いたしました。
 
その後も、南Q太氏が夫と一緒にこっちへ里帰りした時に、夏祭り(水郷祭)で花火を一緒に見たりしてお付き合いさせてもらってました。
 
なので、南Q太氏の出身は島根県です。
 
ですが、突然、僕と彼女のお付き合いは終止符を打ちます。
 
僕が他の女性に目移りし、彼女を強引にふる形で終わってしまいました。
 
傲慢なヤツに思われるかもしれませんが、僕は自分で別れるという選択をしながらも、彼女のことは好きでしたし、ずっと迷ったまま別れ話を切り出しました。
 
2人同時に付き合うという芸当ができるタイプでもなく、新しい彼女を選ぶ道しかない状況に陥っており、2人で泣きながら悲しい一夜を過ごしました。
 
今考えてもサイテーなヤツだなと思っています。
 
その後、新しい彼女と結婚までしたのですが、結局は3年足らずで離婚となります。
 
その時の選択で何が正しくて、何が間違いかなんて言えませんし、後悔しているのかと聞かれれば、イエスともノーとも言えません。
 
もう、25年も前の話しです。
 
ただ、あの頃の事を思うと、ふと悲しくなり、ネットでたまたま南Q太という名前を見つけたことがきっかけで、こんな記事を書いてしまった次第です。

50歳になった

この10月で、ついにジャスト50歳になったくろばこです。
 
感慨みたいなものはありません。
 
でも、あと10年もしたら60歳かと思うと、そこは恐ろしいと感じています。
 
そのぐらい、ここ最近の月日の経つ感覚は速い。
 
特に40代から50歳までの10年は、あっという間でした。
 
なので、次の10年は更に速い相対速度を感じるであろうと。
 
これも相対性理論の範疇なのかわかりませんが、加齢と共に時間の感覚はどんどん加速していくように思います。
 
まだ若いと思っている人も、そこは気をつけて人生を過ごすべきです。
 
感慨みたいなものは無いと書きましたが、何気に思うところはあります。
 
それは、もう少し、いやもっと「自由」に生きていきたいということ。
 
10代や20代に思っていた上っ面の「自由に生きたい」とは、恐らく違います。
 
多分というか、全然違います。
 
若い時に思う「自由」というのは、まだ自分が何者かになれると期待していた中でのぼんやりと実像が分からない自由。
 
フィーリングとしての自由。
 
だから、「自由に生きたい」って言ってみたところで、じゃあ具体的に何をどうするのって聞かれると、答えにつまってしまう。
 
で、50歳になった今の自分が言う「自由」は、色んな経験やしがらみを抱えた中での、もう少し、いや、もっと我が儘に生きてみようよ、という自由。
 
上手く説明になっていないんですが、例えば、これ良いなとか、面白そうだなと思ったら、周りのことは考えずにちょっとだけやってみちゃうとか、今日の飲み会は気が進まないなと思ったら、相手の事考えずに断って家でゲームしちゃう自由とか。
 
それって、自由か?
 
と疑問に思われるかもしれませんが、50年生きてみて思ったのは、「自由になる」って案外、そんなものでいいのかもしれないってこと。
 
自分の感情や本能を客観的に見つめ、それに少しでいいから従って行動してみる自由。
 
社会生活を営んでいくと、どうしても、あれこれ周囲に気を遣ったり、空気を読んだり、顔色伺ったりするわけですよ。
 
それが自分の保身のためだったり偽善だったりと、決して正義からくるものでない場合が多かったりします。
 
それは仕方ないんですよ。
 
生き物としての防衛本能とでもいいましょうか、正と悪、名と暗、表と裏の二面性はもちろん、その二面性だけでも説明できない感情や行動というのが、人間は必ずあるわけです。
 
で、今この瞬間、自分は本当はどう思っているのか、どう行動したいのかという事は、これまであまり追求せずに社会性を損なわないよう生きてきました。
 
そんなめんどくさい事はとりあえず置いておいて、ちょっとだけ、社会性損なってもいいから、自由に、思った通りに行動してみようかなってことです。
 
全面的に自分の好きなように行動したら、それは只の迷惑老人だし、老害をまき散らすだけですから、そこは注意しないといけませんが。
 
そんなこんなで、多少、他人に迷惑をかけたり嫌われたりもするだろうけど、少しだけ自由に生きてみようと思った50歳の誕生日でした。

きゃりーぱみゅぱみゅライブに行ってきた

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人

 
どう考えても、きゃりーぱみゅぱみゅとは縁が思いつかない島根県にわざわざやってこられました。
 
場所は島根県民会館
 
当初は10月6日(土)18時からの開催予定でしたが、台風の影響でその日は中止となり、翌日の日曜日に振替講演、しかも14時開演という厳しい条件でした。

   f:id:minorthing45:20181011123822p:plain

それでも、客席はほぼ9割近くが埋まり、当日券の立ち見席もかなり行列が出来ておりました。
 
きゃりーを見に行こうと思ったのは、一番はただの思いつきだったんですよね。
 
たまたまテレビCMでチケット発売中を知って、ダメ元で申し込んだらゲットできたっていう。
(2階席でしたが、前の方だったのでよく見えました)
 
あと、きゃりーの声と楽曲がけっこうツボにはまってて、個人的にはかなりお気に入りだったりもしてます。
 
「ファッションモンスター」とか、ホントにサイコー♪
 
おまけに可愛いし(^_^;
 
もう島根のようなド田舎に来る事は、恐らくないであろうし、これを見逃したら、当分ライブを見る機会もなかろうと思いました。
 
ただ、周りのお客さんが原宿系の人達ばかりだったら恥ずかしいなと、それだけが不安でしたが。
 
くろばこももう、今月で50歳ですし。。
 
実際には、僕みたいな親父や年齢層高めの女性も多く来ていて、良い雰囲気で観戦できましたね。
 
ライブ自体も、けっこう面白かったし、きゃりーって、意外にちゃんと発声がしっかりしているなという感想。
 
スピーカーから出てくる歌声は、やはりコーラス加工がされておりましたが、個人的にはそれも含めてのきゃりーぱみゅぱみゅなので全然OKでした。
 
バックダンサーは、上手いのか下手なのか最初よく分からなかったですが、きゃりーの動きに合わせて調整していたって事なんでしょうね。
 
それと、割とMCも上手で、軽い毒も盛り込みながらの客席とのコミュニケーションは、だてに売れてるわけじゃないんだなと実感させらました。
 
機会があればまた見に行きたいですね。
 
しかし、未だに「きゃりーぱみゅぱみゅ」と上手に発声できません(T_T)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

部下よ早く帰れ、じゃないとオレが帰れないじゃないか

仕事やる気がほとんど無いくろばこです。
 
今現在、20時近くになりそうですが、まだ職場にいます。
 
上半期決算時期なので、そこそこすることはあるのですが、いつもの通り適当に片付けているので、19時頃には帰っても良かったんですが、、、例の如く、部下のS君(入社3年目)がまだ帰らない。
 
早く帰れと言いたいのをぐっと我慢して、仕事してるフリしてこの記事書きながら事務所に残っています。
 
S君も、まあやることはやってくれているので、そこは文句無いのですが、残業を減らすという意識は薄いタイプ。
 
要領が悪いというわけでもなく、そこそこ賢くもあるのですが、仕事を選り好みしてしまうようで、「それって、僕がやるんですかぁ」と平気でのたまうのであります。
 
要は、「こちらが残業を減らすよう心掛けて仕事しろ」と言っても、「けっこう今の仕事大変なんで、それは難しい」と返してきて、じゃあ「仕事を取って他の人にやらせようか」と言うと、「いや、自分がやります」と言うので、埒があかないのであります。
 
俺が帰りたいから、お前も早く仕事切り上げろとはなかなか言いにくいですしねぇ。
 
もう少し仕事の仕方を効率化することは可能だろうとは思うのですが、あまりそれを言うとふてくされてしまいます。
 
本気のブラック企業に比べたら、時間外労働減らせって言われているのは、ありがたいことだと思うのですが、S君はそのように感じてないんでしょうね。
 
というやりきれない思いと愚痴を、今日は珍しくリアルタイムで記事書いて、そのままブログアップしてみました。

スーパーマリオオデッセイをとりあえずクリア

モンハンダブルクロスはいったん休憩し、任天堂switch購入時に一緒に買ったスーパーマリオオデッセイをやることにしました。
 
switch買ってからすぐにモンハンXXに手を出してしまったので、マリオはその間おあずけ状態。
 
やっとのことで遊び始めた次第です。
 
マリオは妻も一緒に遊べるので、夫婦でゲームを進める感じになってけっこう面白い。
 
僕の中で、歴代マリオの№1に輝いているのが、「スーパーマリオ64」、次点が「スーパーマリオブラザーズ3」。
 
マリオ64が3D、マリオブラザーズ3が2Dという違いはありますが、それぞれに最高峰のクオリティでありました。
 
Wiiにプラットフォームが変わってからは、ギャラクシーシリーズが出ていましたが、何故かこれはあまりはまらなかったです。
 
難易度的にイージーに感じたのか、あっさりしすぎていたと感じたのかはわかりませんが、理由は多分そんなところかなと思っています。
 
それだけマリオ64の衝撃は大きかったですし、3D空間をあれだけ自在に動き回れることに驚きを覚えたものでした。
 
そういえば、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」も64でしたが、未だにゼルダシリーズ最高峰との声も多くあります。
 
任天堂64って、タイトル数は少なかったけど、けっこう記憶に残るゲーム機だったって事でしょうね。
 
さて、そんな僕がswitch版マリオのオデッセイをプレイしてみたのですが、、、かなり面白い♪
 
マリオ64にひけを取らないぐらいのデキです。
 
満足度も64に負けないぐらいでしょうか。
 
今回は帽子を敵キャラにキャプチャーすることで、様々なアクションができるようになり、ステージ毎にそれを使いこなすことでクリアできる使用になっています。
 
基本はムーンを集めて船をパワーアップさせる事で、行ける世界も広がるという感じで、ステージ内に隠れているムーンを探し出したり、見えているけど取り方がわからないムーンに知恵を絞るなど、マリオ64を彷彿させる作りでした。
 
難易度を選択できるようになっているのも良い。
 
あと、先ほどステージをクリアすると書きましたが、実際には各ステージ(海の国とかシティとか)をクリアするという概念はありません。
 
強いていうなら、そこにあるムーンを全て取り切ったらクリアという事になりましょうか。
 
最初のストーリーモードでは、ムーンを集め新しいステージに行けるタイミングで、小中ボスとの戦いがありますが、クリアというとそれぐらいです。
 
基本はステージ内で集められるだけムーンを探すことでOK。
 
そろそろ取り尽くしたなと思ったら、次のステージに移動すればいいのです。
 
マリオ64の時は、スターをゲットすると、とりあえずそこで一旦クリアとなるわけですが、そういう概念が無いって事ですね。
 
簡単にゲットできるムーンから、知恵とテクニックを駆使しないと取れないムーンまで実にたくさんの数があり、プレイしているとあっという間に時間も過ぎてしまいます。
 
ただ、オデッセイのマリオは割とすぐに死にます。
 
通常であれば、3回ダメージ喰らうとアウト。
 
そこのところは、原点回帰って感じなのでしょう。
 
でも、コインを多く持っていればいくらでも復活できますし、そのコインもいくらでもステージ内でゲットできますから、実際にはほぼ無限マリオ状態ですね。
 
いつもの通り、クッパを倒すところまでは恐らく誰でもいけます。
 
とりあえず、敵の攻撃かわして頭3回踏めばいんんでしょ!ってのは、今回も変わっていません。
 
それが良いか悪いかは別にしてですが。。
 
ストーリーをクリアしてからが、実は本番というのも、ここ最近の定番ですね。
 
ただ、クリア後のムーン集め、完全クリアはかなりの難易度だと思われます。
 
自分もストーリーはクリアしてしまい、今は裏ステージに行ったり、新しいアイテムが買えるようになるためのムーン集めをやっていますが、既に完全クリアは無理だなと実感しています。
 
縄跳びチャレンジとか、ノコノコレースとかかなり激ムズ仕様です。
 
それでも、完全クリアしちゃう人も世の中にはいるのでしょうけど、自分には無理であります。
 
でも、もうしばらくはマリオオデッセイをプレイしていることになるでしょう♪

衛星放送は雨にも弱いことが判明

以前、大雪が降ったおかげで衛星放送が映らなくて、毎週予約録画しているアニメの冬シーズンものが観られなかったという記事を書きました。
 
シリーズ12~13話ものでしたら、何話目かが録画出来て無くて、後からまとめて観るときに歯抜け状態で観るハメになります。
 
放送タイトルが多い週末に、受信障害が発生したら目も当てられません(T_T)
 
ただ、冬場に発生する問題だから今は大丈夫と思っていたら…、、この間の台風24号の時にも同じ障害が発生したのであります。
 
え~??っと思って、色んなBSチャンネルを試してみましたが全て映らない。
 
実は「劇場版 とある魔術の禁書目録」がBSで放送予定だったのですが、それが録画出来てなかったんですね。
 
う~ん、雨でもBSはダメになるのか?と思って調べてみると、雪だけでなく雨にも弱い事が判明。
 
一つは、衛星放送なので地上波と違って受信までの距離が長くなるため、電波衰退はどうしても発生するということ。
 
その電波に対し一定以上の雨が降っていたりすると、受信障害が発生するようです。
 
もう一つは、衛星放送の周波数が非常に高いために、気象条件にどうしても左右されやすくなるようです。
 
地上波だと500MHz付近を使用しているのに対し、BS放送は12GHz付近らしい。
 
単位を揃えると12GHz=12000MHzですので、桁違いにBSの周波数が高いことがわかります。
 
この周波数の高さがくせ者で、どうやら電波が雨に吸収されてしまい、結果、アンテナまで届かないという状況が生まれるのです。
 
確かに、こないだの台風時は、ほぼ丸2日間、強い雨が山陰にも降り続いたので、その影響だったんですね。
 
じゃあ対策として、ブースターとか付けたら障害を防げるのだろうか?
 
と思い、リサーチしてみますと、あまり意味が無い模様。
 
一般に売られているブースターは、アンテナから媒体機器(TVなど)まで距離が離れていて、その間を繋ぐ同軸ケーブルによる損失を補うためのものらしいです。
 
あとは、アンテナで受信した電波を何部屋にも分配していて、それぞれの電波が弱くなる場合などでもブースターは有効らしい。
 
つまり、ブースターっていうのは、アンテナ~媒体機器間の電波損失を補うものであるから、衛星からアンテナまでの電波障害を改善することには何の役にも立たないってこと。
 
となると、もう天候による衛星放送の電波障害はあきらめるしかないですね。
 
まあ、多少は衛星電波に関する知識が習得できたので、それで良しとしましょう(^_^;

すらすらとブログ記事が書ける時とそうでない時

このブログに関しては、ほとんどの記事が頭に浮かんだ事をひたすらタイピングしてテキストにしているだけです。
 
昔やっていたブログでは、レビュー物とかも多かったせいで、色んな資料をネットで探してきて、整合性やら考え方やらを整理しながら書いていました。
 
なので、1記事書くのに凄い時間かかってましたね。
 
でも、レビュー物など、書くネタはいくらでもあったし、多少書くのが面倒だなと思ってもちゃんと書いていました。
 
ですが、一旦ブログを休止して、今のブログをスタートさせてからは、ほぼ調べながら書くという事はしなくなりました。
 
これが良いのか悪いのかはわかりませんが、ほぼ自分の言葉で綴っているという感覚はあります。
 
色々と調べるというのは大事なことですが、書きながらこれって自分が絞り出した言葉なのだろうか、本当に自分で思っていることなのだろうか?と疑問に思う事も多く、また、不精癖が強くなり調べることが面倒になったということです。
 
このブログも一昨年辺りは1日1記事を目標に更新してきましたが、それも、1年ちょっとで挫折。
 
普通、1年続いたんだから、そのまま継続できそうなものでしょうが、それが出来ないのがくろばこであります。
 
偉いと思うのは、1日1記事が挫折したにも関わらず、不定期更新でもいいやって思ってこのブログを継続していること。
 
これは、最近の自分の中の進歩かなと思っています。
 
で、記事を書ける時と書けない時の違いって何だろう?と、ふと疑問に思ったんですよね。
 
昔は書きたくない時でも書けたのが、今は、書きたくないと思ったら本当に何も書こうとしない。
 
もっと言うと、何を書いて良いか分からない。
 
書ける時は、いっぺんに4~5個ぐらい記事を1日で書き上げてしまう。
 
気付いたのは、精神的、体力的にしんどい時、オチている時、凹んでいる時に文章を書いているのです。
 
逆に、安定している時や気力が充実している時は、書く意欲はほとんど湧かず、ブログ更新はほぼありません。
 
なぜそうなるのか、理由もはっきりしません。
 
症状として、書ける時と書けない時の違いがそうなっているようです。
 
ちょっとした発見ではありますが、もう少しムラ無く記事を書けるようにしたいことと、なぜ、オチ気味の時に文章を書きたくなるのかの原因を探りたいなぁと思った次第です。