Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

「こち亀」連載終了。。。

f:id:minorthing45:20160905113923p:plain

 

こち亀が終了するとは思ってませんでした。
 
ほとんどの人が同じ気持ちじゃなかったでしょうか。
 
両さんの、「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって」というセリフ、そう、僕のことです。
 
これも、「あ、自分のことだ」って思った人多かったんじゃないですか?
 
両さんだからこそ、そんなセリフを堂々と嫌味もなく言えるんですよね。
 
少年ジャンプは、13歳ぐらいから買い始め30歳半ばぐらいまで毎週購入してた記憶があります。
 
その間、色んな作品が登場しブームを作ったり、終了したり、休載したりとありましたが、亀有公園前派出所だけは常に掲載されていて、僕らはそれが当たり前だと信じ込んでいました。
 
休載することなく40年続くって、すごいことであります。
 
僕は、両さんの下町人情溢れるエピソード話しが大好きでした。
 
勝ち鬨話にまつわる子供の頃の思い出話しとか、せつなくて良かったですねぇ。
 
たぶん、両さんの影響で東京の下町が大好きになったような気がします。
 
あと、タモリ倶楽部系のネタも大好きでした。
 
ガルパンのような戦車ネタとか、ミリタリーのお話とか、フェラーリの話とか、あれで得た知識ってけっこうあります。
 
それと、インターネットが広まる前のパソコン通信ネタとか(^^ゞ
 
当時はこのマンガでパソコン通信の手段の基礎を学びました。
 
他には、VHSビデオが普及したのはエロ映画が見たいというエネルギーだと熱弁する両さん、素敵でしたね♪
 
今思えば、人生の生き方の師範とも言えるのが両さんだったのに、当時はそんなことも考えずに読んでいました。
(それが普通なんでしょうけど)
 
自分の好きな事であれば、どんな手段を使ってでも追求するのが両さんであり、僕に欠けているものでありました。
 
もう、ホントに月並みな事しか言えないんですが、終了するのは残念です(最近は言われるように読んでませんでしたが)、お疲れ様でした、ってところですかね。
 
また、両さんの大好きな東京の下町をブラブラしに行こうと思います。