Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

誰かと喋っているとテンションがそれなりに維持されるよね

マイセルフ
職場では、あんまりこちらから積極的に喋りかけたりしない方です。
 
下手したら一日中、黙って机に向かっている時も。。
 
でも、やっぱり誰かと他愛の無い事を話したり、仕事の会話したりすることで、自分の気持ちも上向きになるというかテンションがそれなりに高くなる事は経験的に理解しています。
 
コミュニケーションを取る、言葉を発するというのは、お互いのためにでもありますが、何よりも自分自信の自律神経を整える作用があるのでしょう。
 
職場で言葉を発したとき、会話した時にテンションアップや、ちょっとした気持ちの向上があり、で、その後、また机に向かうとさっきのやる気はどうした?というぐらいに気持ちは萎えてしまいます。
 
その繰り返しですね。
 
自分の心のテンションを維持するためには、常に誰かと喋っている必要があるということでしょうか?
 
そうなると、そういう仕事を探した方が自分の精神衛生上の為にも良いのかなぁ、と、ふと思った次第です。
 
まあ、実際には、今の職場でも自分から積極的に会話していけば解決する話しなんでしょうけど。
 
解決先は分かっているのに、それができない人間がまさしく僕自身であり、救いようのないところでもあります。