Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

本心は酔っ払った時に出る?

ネットの記事かなんかで読んだ覚えがあるけど、酔っ払った時に自分が喋っている事が、本当にその人のやりたいこと、欲求を表しているみたいな内容だった。
 
普段、会社の愚痴ばかり言っているヤツが、酒飲んだら会社の将来について熱く語っていたら、なんだかんだ言って、その会社のことが好きなんだということだろうか。
 
自分の場合どうだろう?
 
仕事での飲みはどうしても仕事に関する話しが多くなるから、こういう風になりゃなければならないとか、もっと別のやり方もあるはずとか、熱く語ることもけっこうある。
 
でも、それはその会社が好きというより、そういう方向へ向いているオレ、そういう生き方をしようとしているオレが好きなんじゃないかなぁと思ったりもする。
 
自意識過剰な部分があるのは、どうしても認めざるを得ないし。
 
もう一つあるんだけど、酔っ払って帰ってきて、無性に音楽が聴きたくなってお気に入り曲が入っているWalkmanを聴きながら、布団に入ることはけっこうある。
 
好きな曲を聴きながら、自分がライブステージでそれを演奏している場面を妄想しながら寝る。
 
もしくは、自分の好きな曲を好きなだけ流せる喫茶店のマスターになって、音楽を語りながら仕事している自分を妄想する。
 
やっぱり、本音というか心の底の部分では音楽が好きなのではないかと、ふと気付いたのだ。