Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

「努力」とはなんぞや?

思考

tororosoba.hatenablog.com

 

全面的に支持するわけでもないけど、腑に落ちるところもあったので。

「努力とは、才能の有無を確かめる行為」

「本当の意味で、ある領域で大成するためには、才能が欠かせないんだけど、自分自身に才能があるかどうか、を確かめるには、「才能が成果を左右する」領域まで努力で高めていかないと、わかんないんだよね。」

エジソンの「『99%の努力と1%のひらめきだ』は実は、いくら努力してもひらめきがないとダメだよバーカ」というのも、多分努力の本質を良く言っているなと思っている。


なるほどという感じ。

ただ、自分がしている努力が結果的に自分の才能の無さを見極めるためだったというのは、それはそれで虚しい感じもします。

逆に言えば、努力もしないで自分に才能が無いなんて言ってるんじゃねぇよ!という事でもあり、そう考えると核心を突いてるのかなぁって。