Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

家では意外とブログ記事を書かない

会社から帰っての夜時間とか、休日の時とか、普通はそういう時にブログ記事を書き上げたり更新したりするものなんでしょうけど、僕は家ではあまりブログ書かないみたいです。
 
いつ書いてるかって?
 
会社です。
 
内緒ですが、、。
 
でも、一応昼休み中にやってます。
 
Evernoteに書きためて、古い日付の奴からHatenaブログの予約投稿にあげていく感じです。
 
たまに、仕事で一区切りついた時に気分転換で少し書き綴ったりもしますけどね。
 
どうして会社にいる時は書けて、家にいると書く気が起きないのだろうかと考えてみました。
 
このブログについては、嫁には内緒にしているのでそれで家にいる時は書かないのかとも思いました。
 
でも違います。
 
嫁が仕事で自分だけが休みの日であっても、やっぱり家ではそんなに更新しないし、ブログのページを開くことすらしません。
 
たぶんですが、家にいる時は、完全に自分のスイッチがオフっているんだと思うのです。
 
オフられているので、家で一人でいると、ほぼ録画してあるアニメや映画を見て一日が終わります。
 
後はメシ作って食べるぐらいかな。
 
つまり、自分にとってブログを書いたり更新したりする行為は、それなりに負荷やストレスがかかってるということなのかもしれません。
 
「したいこと=Want」ではなく、「しなければいけないこと=must」ということ?
 
う~ん、、それはショックだなぁ。。
 
自分では好きでやってると思ってたのに。
 
しかしながら、家で一人でゴロゴロしている時は、ブログに限らずほとんどのことに対してやる気も行動も無いので、そこまで驚くことでもないのかもしれませんね。
 
基本、のび太君と同じなんですよ。
 
僕は何もせずに、何も考えずにただゴロゴロすることができる人間だってことです。
 
のび太君だって、ネット社会に生きていればたぶんブログぐらいは頑張ってやるはずと勝手に思い、なんとか続けているところです。