Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

石原都前都知事の百条委員会

ざっくりとニュースのダイジェストで見ただけですが、、。
 
何が問題なのか、誰もがわからなくなっている状況に陥ってるという感想でした。
 
そもそも石原慎太郎氏を百条委員会にかけることについて、そこから何か進展があると思った人は少ないと思うのですが。
 
案の定、石原氏の答弁は想定通りであり、質問する都議達の能力不足が際立っただけでした。
 
だいたいにして、質問者の話す時間が長すぎで、石原氏にもう少し喋らせるような工夫をしないとダメですよね。
 
豊洲の土地購入手続きの問題と、実際に移転する事案は分けて議論を進めるべきなのですが、誰もそのことについては触れません。
 
安全と安心を同じ土俵で語ろうとするメディアも同罪です。
 
放射性物質と同じで、有害物質についてのゼロリスクを追及し出したら、我々人間はどこにもいる場所がなくなるでしょう。
 
結局のところ、百条委員会で石原氏が仮に豊洲移転の手続きは間違っていたと認めても、それでその先はどうなると言うのか?
 
石原氏が言うように、自身は土壌汚染問題に関しては素人なのだから、移転するのに汚染の問題はクリアできるという専門家等の提言があれば、移転そのものを承認するわけで、現実的な話として移転は可能という話である。
 
個人的には、築地の雰囲気が好きなので移転して欲しくないと思っています。
 
でも、ここまできちゃってるんだから、小池知事はそれを実行しなければならないと思うのですよ。
 
百条委員会で石原氏や関係者を追求したところで、その先にあるものが誰にも見えてないから、どんどんと迷宮に迷い込んでしまうのです。
 
都民ファーストを掲げるなら、豊洲移転を実行に移さなければ業者負担も都民の負担も増えるばかりで、そのスローガンに反してしまうと思うのですが、いかがなもんなんでしょうね。