Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

ここ最近の様子

マイセルフ 日常
ブログ主である私、くろばこの近況です。
 
誰も気にしてくれてないかもしれませんが、それでもネットの中心に向かって何かを叫んでみなければ、波も立たないので、書き留めておきます。
 
2月末退職のタイミングを逃した者としては、目の前にある仕事を粛々とこなさなければなりません。
 
現在はそういう日々を送っています。
 
意外に、このところは真面目に色々なタスクをこなしているといった感じで、自分でもこれがいつまで続くのだろうって、恐れおののいていますが。
 
それでも、やっぱり仕事の6~7割はめんどくさいとしか感じず、この仕事をこなした先に一体何があるのだろう?という疑問は消えません。
 
定年まで勤め上げること?
 
退職金?
 
昇給昇格?
 
僕にとっては、そういったことに全く関心が持てず、そんなもんのために仕事を続けるなんて、クソみたいなもんだと思ってしまいます。
 
20年、30年と永年勤続される先輩方々もけっこうおられます。
 
もう、単純に凄いなと。
 
何がどうなったら、そういう風に働き続けることができるのだろうか?
 
そんなことをよく考えますが、未だに答えは見つかりません。
 
多分、見つける気もないのでしょうが(^^ゞ
 
あと、出張多いです。
 
これは唯一の救い。
 
時間と空間を、できるだけ長く移動していたいです。
 
その間は、例え出張であっても非日常なんですよね、僕にとっては。
 
でも、出張から帰った事務所の机を見ると、一気に地獄へたたき落とされますが。。
 
プライベートは全く充実してません。
 
唯一、奥さんとは仲良く一緒に2人暮らしさせてもらってるのが、充実部分でしょうか。
 
好きなアニメを観ても、映画を見ても、休日が終わればまた仕事だと思うと、楽しめるはずなのに半分ぐらいしか楽しめていない自分がいます。
 
ギターを弾くのも、弾くときとそうでない時の差が激しい。
 
ライブの予定でも入っていれば、また違うのかもしれませんが。
 
Facebookを見ると、他の人達のリア充ぶりに驚きます。
 
プライベートだけでなく、仕事も前向き、社会貢献にも前向き、子育てにも前向き。
 
そんな人達で溢れかえってます。
 
僕は、そんな虚構に騙されるものかと思いつつ、片方で、どうして自分はこんなにも暗澹たる気持ちの日が多いのだろうと比較してしまっています。
 
だから、今年こそは今の状態から脱却したいと強く願ってますが、願ってるだけじゃ多分ダメでしょう。
 
必要なのは行動。
 
わかりきったシンプルな答えであり、誰でもそこに気付いてるけど見て見ぬ振りをしてるんですよね。
 
まあ、今日はこんなところで。