Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

爆笑問題、太田光の批判したり批判されたり

時事ネタ
太田光自身も小説を書いたりしてるので、同じ?物書きとして以前からの思いがあったのでしょう。
 
個人的には、嫌いだったら読まなければいいだけの話しと思うのですが、ああやってTV番組の中で言う必要性がよくわからないのですが。
 
もちろん、そう思うのは僕がハルキストというのもあります。
 
村上春樹氏が、必要以上に自身を世間に露出させようとしてないこと、文章を書くという行為をストイックに追求していること、そういった理由は、作品以外のエッセイやインタビュー集でしか知ることができないので、数多くいる作家の1人に過ぎないと思ってる人達からすれば、カッコつけてんじゃねぇ!となるのかもしれません。
 
僕自身は、村上春樹氏の作品や書き物、物の考え方などがすっと入ってくるタイプで、割と相性が良いみたいなんですよね。
 
読んでいて、すごく体と心が楽になるというか、それこそ彼の言う、井戸の底に少しだけ降りていける感覚になるというか。
 
まあ、こんなのは、単純に好き嫌いの問題なので、公共の電波に乗せてあれこれ言っても非常に滑稽にしか感じないのですが、太田光氏はそこんところ、どうなんでしょう?
 
そんなこんながあった矢先、今度は茂木健一郎氏の「今の日本のお笑いはオワコン」」とツイートしたことに太田光氏が噛みつきました。
 
直接、爆笑問題太田光氏自身を批判されたわけではないのですが、お笑い界全体を否定されたわけですから、言い返したとういことですね。
 
この一連の騒動を見聞きして思うのは、誰かを批判する時は、自分も批判される覚悟なり想定をしておかないといけないなってこと。
 
今回、太田光氏は、茂木健一郎氏からお笑い界を批判された時、そういうことも少しは考えてみたんでしょうか。
 
気に入らない作家を公然で叩く一方、自分の業界を他人から批判されると噛みつくっていうのは、見ていて少しかっこ悪いなと。
 
ちなみに村上春樹氏は、あまり他人の批判をしたり悪口を言ったりしない作家さんなんですよね。
 
それでも、世間に作品を発表している以上、会ったこともない人からあれこれ言われるのは仕方ないことかもしれませんが、それも作品そのものの批評であれば良いのでしょうが。
 
もしかしたら、太田光氏に対して「うるせえよ!バカ!」って言ってるかもしれません、表立ってないだけで。。
 
世間はどうしても、人格的な部分も含めて批判したいようです。