Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

手相は変化する

昔は手相とか姓名判断とか全然信用してなかったタイプでした。
 
今は、どちらかというと半分だけ信用する人間になりました。
 
占いそのものはやっぱり気休めと思っていますが、自分が悪い状態が続くと今の運気がどうなってるんだろう?とついつい気になります。
 
手相については、全然興味なかったのですが、たまにTV番組で芸能人の手相について解説したりするシーンがあると、自分の手相を見て比べたりしていました。
 
で、その時に、手相で金運線のことをやってたんですね。
 
金運線は、手の真ん中を縦に走る線らしいですが、その時の僕の手にはそんなものは微塵も見当たりませんでした。
 
まあ、貧乏というわけでもないけど、贅沢ができる経済状況でもなかったし、僕の手相としては妥当なんだなと思ってました。
 
その時、手相は年齢は経験とともに変化します、という話があり、そんなことあるの?と疑問に思っておりました。
 
しかし、最近になって、ふと自分の手相が気になり見てみると、なんと金運線が両手ともはっきりと表れているじゃあありませんか。
 
現在の僕の経済状況は、確かに昔よりは良くなったような気がします。
 
もちろん、セレブにはほど遠いですが、借金もないですし、子供もいないからそれなりに余裕がある状況ではあります。
 
投資も少しずつ始めて、お金に関する勉強も少しずつですがかじっているところ。
 
そんなこんなが、今の手相に金運線として出てきたのかなぁと思うと、嬉しくもあり不思議でもあります。
 
手相は時間とともに変化するというのは、本当だったんだなぁとちょっと感心しました。