Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

ドラクエ10は楽しい

日常 ゲーム
僕も、巷にいるドラクエのオンライン反対派でした。
 
なぜ通常のパッケージで販売してくれないのか、オンラインなんてドラクエとは全く相容れないじゃないか、とか。
 
もともとオンラインゲームをした経験もなかったから、余計にアレルギー反応を起こしていましたね。
 
顔も合わせたこともない他人とパーティープレイするなんて、素人からしたらとんでもないことでしたし。
 
オンラインのハードルの高さが超えられないと自分で勝手に思っていて、それをドラクエに導入するなんてドラクエファンをないがしろにしていると憤慨し妻と二人でブーブー文句言ってました。
 
でも、しばらくしてネット上でのドラクエ10の評判を見てみると、オンラインだけど一人でも充分楽しめる作りになっているという声が多く、ちょっとだけ手を出してみようかなぁと気持ちが動いたのです。
 
それが、一昨年の夏。
 
最初のアカウント作成とダウンロードに時間がかかりましたが、無事に準備完了。
 
スタート時はオフラインモードからでしたが、それもわずかなクエストのみでしたので、すぐにオンラインモードへ。
 
最初はドキドキでしたね。
 
僕はドワーフで始めたので、開始時の街やダンジョンはそれほど他のプレイヤーを見かけませんでした。
 
もちろん、発売されてから既に2年以上経過していたこともあり、当初の混雑ぶりはなかったのもあります。
 
それでも、他のプレイヤーらしきキャラをフィールドや街で見かけると、ドキドキでした。
 
なんか話しかけられたどうしよう、とか、恥ずかしいことしてないよな俺?みたいな感じです。
 
でも段々と慣れるにつれ、ドラクエ10の広くて美しい世界にどっぷりとはまってしまい、今ではいっぱしの中堅プレイヤーとなりました。
 
基本的にはサブイベント等を除いては、ずっとソロプレイです。
 
酒場に登録されている仲間プレイヤーのパーティだけでも、充分ストーリーを進めることができます。
 
ただ、サブイベントのボスキャラの中には、仲間との協力プレイじゃないと討伐できないのもいますが、それはそれとしていつか倒してやるぐらいの気持ちで充分。
 
それと、オンラインゲームの醍醐味はメインストーリーだけじゃなく、サブイベントやアイテム収集にあったりしますので、別にストーリーを無理に進めなくても良かったりします。
 
現在のところ僕は、ver3.3の手前まで来てますが、本当ならもっと早く進めることもできました。
 
でも、のんびりまったりしながら、今日は何をしようかなとフィールドを走りながらドラクエ10の世界を楽しむ。
 
サイコーですね。
 
課金は月1000円ですので、毎月1000円でこれだけ遊べたらパチンコ行くより全然マシと感じます。
 
当時、ドラクエのオンライン化にあれだけ文句言ってた自分が恥ずかしいです。
 
オンラインというだけで手を出してない人、まだ多いと思いますが、一度やってみてそれから批判するなりなんなりした方が良いと思いますよ。
 
僕は、ドラクエⅠ~Ⅲのロトシリーズが好きな古参派ですが、そんな僕でも楽しめているのがオンラインのドラクエ10なのです。
 
サービスがいつまで続くのか不安ですが、まだしばらくは継続すると期待しております。