Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

初めて金縛りを経験したよ

日常
初金縛り。
 
半分は夢、半分は起きているのはなんとなく自覚していました。
 
ふっと何かの気配が寝ている自分に向かって来るのもわかっていました。
 
半分は怖かったのも確かです。
 
そのまんま表現するなら、やっぱりそれは霊的な何かっぽかったから(^0^;)
 
でも、なぜか金縛りがくるという予感があり、金縛りで発生する霊的な体験は自分の脳内で起こっている幻覚を見せられているという予備知識があったので、怖いと思いつつも冷静にその状況を受け入れていました。
 
そして、本当に体が動かなくなる感覚が襲ってきました。
 
お~、これが金縛りかと思いつつも、金縛りから脱出するには、腹部に力を込めて声を出すか息を吐き出すことだと、これまた何故か夢うつつながらはっきりと自覚しており、その通りにしたら金縛りが解けました。
 
未だに、半分はやっぱり不思議な体験であり、霊的な感覚が自分に近づいた時を思い出すと怖いきもします。
 
しかし、すべては人間の脳内で起こっていることなんですよね。
 
人間の脳が未だに解明されない部分があるのもわかる気がします。
 
たとえば、なぜ、人間の脳は右脳と左脳に分かれて、それぞれが対極に位置するような活動をしているのか?
 
普通に考えたら、左右に分かれなくても最初から一つでいいのにと思うのですけどね。
 
こう考えていくと、色々と面白いなぁっていう話でした。