Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

ストレス発散できる人が羨ましい

マイセルフ
嫌な事があったとき、不安に思うことがある時、悩んでいる時、落ち込んでいる時、普通に言われるのは、何か楽しいことをしてストレスを発散させすっきりさせた方が良いよってことですが、、、。
 
僕はそれができないタイプです。
 
気分が高揚していて、モチベーションも何となく高く、色々と自分にやる気が満ちていると感じている時に、仕事で失敗したとします。
 
それもかなりダメージ大で、深刻な失敗です。
 
途端に僕のやる気やモチベーションは消えて無くなってしまい、後悔と不安にさいなまれる時間が訪れます。
 
この時に、気分一新、こうしたストレスを解消するために運動しようとか、好きな音楽を聴こうとか、ギターを弾こうとかするのが良いのでしょうが、自分にはそうした行動をする気持ちが蟻の屁ほども湧かない。
 
この時の自分にあるのは、虚無感みたいな思考や感情であり、いくら運動したり音楽聴いたりしたって、自分が抱えている不安の原因が消えて無くなるわけではないという虚しさです。
 
ただただ、じっとして、最低限の行動だけをして、寝られるものな寝て、怠けられそうなら会社を休んで(でも1日)、何をどうしたら良いか分からないけどできるだけ精神的負担の少ないエンターテイメント(アニメなど)を見て、時間が過ぎるのを待つだけ。
 
ストレス耐性が非常に低い人間なんだと思います。
 
発生したストレスに上手く対処できない。
 
悩みの根本を解決しないと、ストレスからは解放されないという狭い観念。
 
こうした考え方は、やはり自分自身を苦しめます。
 
僕と同じようなタイプの人が、世間にどれぐらい存在するのか分かりませんが、こうした考え方を変える具体的な方法ってないものでしょうかね。
 
いいかげん、疲れました。