Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

年が明けたけど何も変わってない

日常 マイセルフ
いや、それは当たり前の話しなんですけどね。
 
時間的な概念で言うと、地球が太陽の周りを一周しただけの話しであり、たまたまそのタイミングで僕がそこに存在していただけのこと。
 
年が明けようが、次の日の午前零時を時計が刻もうが、あくまで物理的な運動法則によるお話しで、僕自身がそれによって変化するなんて事はあり得ないわけです。
 
まあ、これも受け身的な考えですから、年が新しくなるのを機に自分を変えようと思うとか、何かにチャレンジしようとか思って行動しないと、新年迎えただけじゃ何も変化は起こらない。
 
仮にそのように思い立ったとしても、望むような自分に変わる事は難しいだろうとは思われます。
 
でも、やらないよりはやった方が当然良いんだけど。
 
僕がこれまで、いかに自分がダメだったのかをわかり安く語るとするなら、「自分以外の何かによって自身を変えることを期待」していたことです。
 
もっと言えば、自分の努力や行動をせずに、誕生日や年明け、転職といったタイミングで自分が変われるんじゃないかという、ファンタジーな期待感のようなものでしょうか。
 
もちろん、冷静に考えれば、そんなことで変われるわけないですよね。
 
でもね、ダメ人間はそういう真実に気付かない、もしくはどこかで気付いていても見ないようにしてしまう傾向にあります。
 
変わりたいのなら、何か事を起こさなきゃダメなんです。
 
しかしながら、事を起こすと、それと同時に色々とめんどくさい事も生じるから、それに対処するのが億劫だなと思って最終的には何もしないパターン。
 
48歳になってもそんなレベルの人間ですが、それでも何とか生きています。
 
2017年になっても、何も変わってない、いや、変わりたいのに何も変わろうとしない自分を、まずは認めることにしてみました。