Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

今年も終わり

日常
あんまり1年を締めくくったりとかしないタイプで、新年の初詣も行かないし、お節料理を作って食べるとかもしません。
 
年賀状とかも嫌で、ここだけの話し、送られてくるから仕方無しに作って送るぐらいです。
 
でも、デキル人間というのは節目節目を大切にしたり、年賀状や手紙などのやり取りを大切にしているはずですので、僕はその路線から外れている人間なのでしょう。
 
そんな僕が1年を振り返るというのも変な話しですが、このブログに限って言えば、それなりに思うところがあったりします。
 
今年の4月からですけども、毎日記事を連続更新することができました。
 
たった9ヶ月、たった274日だけの事ですが、今までそうやって続けたものって多分僕の人生において無いので、それはそれで良いことだったんじゃないかと思ってます。
 
ただ、あくまでも記事の更新が連続して続いただけで、毎日記事を書いたというのとは違います。
 
気が向いた時に書き溜めた記事を、予約投稿機能で毎日一本ずつ更新するようにしただけの話しであります。
 
本当は、毎日何かを書き連ねているようになりたいんですけど、まだその域に達してない。
 
まあ、それでも今までやったことない事をやってみた、というのは自分で自分を褒めてあげたいなと。
 
しかしながら、アクセス数やPV数、読者数は全然低レベルで平均して2ケタ前半。
 
他のブログ読んでますと、ブログ開始半年で10万PV達成だとかというのがありますが、どうやったらそんなにいくんだよ?と驚いちゃいますよね。
 
もちろん、検索ヒット対策とか他ブログとの交流とかほとんどやってないし、記事も自分に関する話しとか、テーマやコンセプトも絞られてなく、他人からしたらどうでも良い話題ばかりで、それじゃあ読む人なんてあんまりいないだろうなとも思います。
 
他人に有益な情報を提供できるブログ記事が必要なのでしょう。
 
ただ、僕にはそれが今のところ何なのかが分かってません。
 
ブログをやっている限り、やっぱり多くの人に目を通してもらいたいのが本音です。
 
でもそれは、小手先だけのテクニックではなく、質や中身、共感共鳴といった部分で多くの読者が得られるブログに来年はしたいですね。
 
数少ないこのブログの読者のみなさん、今年はお世話になりました。
 
来年もなんとか更新していこうと思っていますので、よろしくお願いします。
 
よいお年を♪