Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

僕の依存症は…

 
上の記事を読んでいて、自分も似たようなところがあるなと思いました。
 
僕の場合は、ヒゲ抜き依存症です。
 
ヒゲと言っても、顎や鼻下に生えてくる毛じゃなくて、ほっぺたに何故か1~2本だけ生えてくる毛、僕と妻は猫っ毛と呼んでいますが、それがちょっとでも伸びてくると抜きたくてしょうがないのです。
 
あとは、顎下から喉にかけて生えてくる毛も同じ。
 
仕事中とか、顎の下をを手で触って毛が生えてるのに気付いてしまったら、もうそればかりがきになってしょうがありません。
 
頑張って、人差し指と親指で毛をつまんで引き抜こうとするのですが、短い故、上手に抜くことが難しいんですよねぇ。
 
それでも、スッとその毛が抜けた時はとてつもなくスッキリした快感を覚え、次の毛を求めて顎下や頬を手でなで回すのであります。
 
もちろん、指で抜くことが出来る毛は限られていますので、家では妻にお願いして、毛抜きで抜いてもらいます。
 
出張に出かけて2~3日家を空けた時は、帰宅後すぐにこれをしないと気が済まない。
 
多い時は40~50本ぐらい抜け、抜いた毛をティッシュに付けて(毛根が接着剤代わりになるみたい)眺めて喜んでいます。
 
この抜いた毛が、何かに活用できないかなといつも思うんですよね。
 
この「ヒゲ抜き依存症」にかかって、恐らく30年は経っていますが、未だにやめられないぐらい重症です。