Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

蓮舫さん、そこはしっかりしとかなきゃ。

 
例の二重国籍問題、蓮舫さんにとってはマズイ方向へ行ってしまいましたね。
 
民進党の新しい顔として、これからしっかり与党と対峙していかなければならない立場の人だけに残念であります。
 
僕は前から書いてるように、今の自民党推しの人間ではありませんが、かといって民進党推しでもないです。
 
ですが、民主党時代に一時は期待していた事もあり、その後の落ちぶれぶりを嘆いてる1人です。
 
できれば2大政党の構図が作られ、その時代の求めに応じた政党が交替で国を運営するのが、長い目でみるとバランスが良いのではと思っています。
 
民進党には、僅かながらもその可能性があったのに、自ら芽を潰してしまいました。
 
今回の蓮舫氏は、国籍の選択すらしてこなかった、しかも意図的にというのが明らかになってしまいました。
 
別に二重国籍でもいいじゃないか、諸外国では二重国籍の議員なんていくらでもいる、という意見もあります。
 
ですがそれは、今回の問題とは別次元の話しであって、今の日本の法律や手続きに則ってするべきことを国会議員であり党の代表である人間が意図的にしなかったという事が問題。
 
民進党がしっかりチェックして指導しておけば良かった話しであり、そこを適当な答弁で済ませようとする体質がマズイんですよね。
 
だから、民進党は与党になれる素質がないと国民から思われてしまうのです。
 
もちろん、今の自民党だってそれなりに問題が無いわけではないでしょう。
 
でも、恐らくは民進党よりは危機管理ができているように感じます。
 
今の与党に対抗するために、危機管理意識が低い党や、夢物語ばかりを語る党とか、適当な答弁しかしない党ではダメだってことを何故理解できないんでしょうか、当の本人達が。
 
政策を語る以前のところで足元をすくわれるようでは、当面は今の自民公明体制が続くって事です。