Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

豊洲移転の盛土問題は小池さんが焦りすぎ

時事ネタ
個人的には、築地移転はして欲しくないと思っている人間です。
 
ただ、タイトルにある問題に関しては小池知事が勇み足してしまったなぁという感じ。
 
専門家でもなんでもないので、技術的な話しについては下記のリンク先を読んだ方がわかりやすいです。
 
要は盛土で蓋をするわけじゃないので、どちらかという建築的にはコンクリートの方が合理的ということ。
 
盛土は、もちろん転圧するとは思うのですが、例えどんなに固めても、その上に構造物を立てれば杭打ちをしない限りは徐々に下がっていきます。
 
たいていは、その下がる分も見越して、まあそれぐらいはしょうがないかでやっちゃうんですが、ここではさすがにそれは通らないだろうと思うのは僕でもわかります。
 
個人的には小池知事を支持しているので、色々と頑張って欲しいと思っているのですが、これについてはまさに勇み足。
 
移転問題に関しては、莫大なお金が動くので、そこに群がる亡者どもがひしめきあっていることでしょう。
 
その利権構造や、既得権益などにメスを入れたいという知事の気持ちもわかります。
 
しかしながら、それが今では、移転に関しては全否定ありきみたいになっているとしたら、冷静さを欠いている気がします。
 
もしくは、小池氏の周囲には優秀なブレーンがおられないのでしょうか?
 
大問題だとアドバルーン上げて、しまいには職員の粛正とまで公言する前に、専門家に話しを聴くとかしなかったんでしょうか?
 
やってることが、沖縄の基地移転に何が何でも反対しようとする人達の思考と同じになっている気がします。
 
冷静に事実を確認し、最善の方法を選択すべきだと思うです。
 
色んな案件で、常に安全性100%を求める人は確かに存在します。
 
でも、100%の安全を求める事が無い物ねだりであることは、小池知事自身がよく理解しておられるはずなんですけどね。
 
100%安全を求める一番の方法は何もしないことですから(それでもリスクゼロにはなりませんが)、そういう事ばかりを主張する輩と同じ土俵に立ってしまったら、今後小池氏の立場はかなり厳しくなると思ってます。