Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

毎日を丁寧に生きるって

日常 思考
ここ最近?、自分の中でよく考えてることが、「日々を丁寧に暮らすには」ということです。
 
この頃になってですが、心境の変化みたいなものはありました。
 
それは、「先の事は考えない。今日、明日の事だけ考えて毎日をとりあえず生きる。」ということ。
 
せいぜい考えるのは明日の事まで。
 
それ以上は考えてもしょうがないし、考える能力がそもそも自分にはなかったんだと思っています。
 
10年先、20年先の自分を見越して行動できる人達も存在しますし、そういう人達の成功談が今までは主流だったわけです。
 
でも、人それぞれが違うように、そういうことが出来る人とそうでない人がいるのも確か。
 
しかし、僕らが受けてきた学校教育や人生の助言というのは、将来のためにこうするべきだ、とか、将来困らない為に計画性を持って行動しなくてはならないというもの。
 
ずっとそうしなくちゃいけないという観念に縛られていました。
 
誰もがそうできれば問題ないんでしょうけどね。
 
くろばこは40代後半になってやっと、自分はそういうことが苦手なタイプの人間なんだと自覚できたのでしょう。
 
とは言っても、肝の据わらないくろばこ。
 
今日のことしか考えないと思いつつ、見えない先の不安に悩まされるのは相変わらずです。
 
先の事を考える能力はない、けど、先の事が不安になる、ではホントにどうしようもない。
 
じゃあ、せめてその日その日を少しでも丁寧に生き抜くぐらいは、できなないものだろうかと考えるようになりました。
 
けど、そうなると平日の大半はサラリーマンしているわけですから、そのやる気のないサラリー仕事含めて丁寧に生きていくという話しに。
 
う~ん、、やりたくない仕事含めて、毎日を丁寧に生きるって矛盾しているような気もするし、そんなことできるのかなぁ、というのがもっかの悩みなのであります。