Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

オーバーロード

アニメ

f:id:minorthing45:20160425124417p:plain

これは個人的にかなり好き。
 
ソード・アート・オンラインやログ・ホライズンのような、仮想現実の中での物語。
 
ただ、ちょっと違うのは、物語の設定で登場するヴァーチャルリアリティ・オンラインゲームのサービスが終了したのに、主人公がログアウトできないバグ状態となり、取り残された異世界を冒険するというところ。
 
しかもその取り残された世界も、これまでやっていたゲームの世界観とは違うということで、主人公がこのアイテムは効果があるのかとか、攻撃や魔法はどうかとか、色々試行錯誤してその世界を生き抜こうとするのであります。
 
課金アイテムとかリアルに出てくるし、ゲーム中のキャラクターや特性設定とかの話しも具体的で面白いです。
 
また、主人公が元の現実世界に帰りたい願望があまりない感じの描き方で、そのあたりも他のオンラインゲームをベースにした作品とは色合いが違うものになっています。
 
主人公は元のゲーム世界では、かなりの熟練者レベルに達しており、ゲーム内でNPCを作っているのですが、そのNPC達がログアウト不可となった世界で主人公のしもべとなり物語が展開されます。
 
主人公のキャラクターはアンデッド、スケルトン系のラスボスみたいな設定で、NPC達含めて魔王軍団という感じ、このあたりも他のアニメとは違うところですね。
 
彼はこれまでのゲーム同様、熟練者としての経験を活かし異世界でも覇者=魔王として君臨しようとするのですが、一方では村人を救う勇者ともなり話しが進んでいきます。
 
さらに主人公がチート的に強いにもかかわらず、物語としては面白さがきちんと成立しているところも評価される点です。
 
ストーリーの中で、主人公達と敵対するいわゆる悪役キャラが登場するのですが、ラストでは主人公達の圧倒的強さに恐怖を抱きながら倒されます。
 
僕は、こういう展開がたまらなく好きなのであります。
 
逆にワンピースみたいな、主役が毎回絶体絶命のピンチ→かろうじての逆転勝利パターンは飽き飽きしていて、ストーリーを追うのも苦痛です。
 
エンディングでは結局、異世界の謎やログアウトできなくなった問題などは解明されぬままでした。
 
なんせ13話しかないわけで、その中で世界観の説明やキャラの掘り下げ、メインストーリーをやってのけるのは大変なわけで、それを考慮すると、このアニメがいかに良く出来ているかがわかろうというものです。
 
絶対に2期、3期と続いて欲しいなぁと思う、そんな作品でございました。