Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

何かをやりたいとは思っているんだけど

思考
会社を辞めてどうするか?
 
もっと突き詰めた言い方をするなら、会社を辞めようが辞めまいが、何をやりたいのか?
 
という話しになるんでしょうけど。
 
会社を辞めるのをやめた、というのではありません。(あ~ややこし)
 
以前にも書いたかもしれませんが、仕事そのものが嫌いというわけではなく、会社勤めはやめたとしても、何かをしたいという気持ちなり衝動が自分にはあるのです。
 
しかも、ゆる~い感じでできる何か。
 
そんなお花畑みたいな話ししてんじゃねぇよと言われそうですが、もうどっちがまっとうな生き方だとか、社会人はこうあるべきだみたいな観念に縛られなくてもいいんじゃないかと思ってます。
 
まだまだマイノリティかもしれませんが、そういう人達も含めて人間社会というものが構築されているってなんとなく実感できるようになりました。
 
それはもちろん、インターネットのおかげなんですが。
 
ネット見てると、ホント、様々な人が多種多様な考えを持って生きてるんだと実感できます。
 
ネットが出現するまでは、新聞や本、テレビやラジオといった媒体を通して自分以外の人間に関心を持つのが関の山でした。
 
もちろん、人間社会の最小構成単位である家族や親戚関係、それから学校や会社、サークル仲間を通して自分以外の人を知るということは今も同じです。
 
でもそれって、やっぱり恣意的なフィルターがかかっていたり、どんなに頑張っても狭い世界であることに変わりはありません。
 
逆にネットでは、全く顔も知らない、話しもしたこともない人がどういう考え、発想、意見を持ってるかをつぶさに知ることができます。
 
僕は別にネットを全面的に賞賛する側でもないのですが、それでも、ネットの出現によるイノベーション、既成概念の崩壊のようなものを感じずにはいられません。
 
そうした時代の転換期に生を受けているということも嬉しい限りです。
 
ネットがあるからこそ、先ほど書いたお花畑のようなゆるい事を糧に生きていくことも可能になってきていると思います。
 
そのゆるい何かを具体的にしたいんですが、それが目下の課題。
 
何かしたいなぁ。。。