Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

火刑都市/島田荘司

Books

                               f:id:minorthing45:20160208122747j:plain

初めて読んだ島田荘司の作品です。
 
チョイスとしては年代が若干古いものだったのですが、楽しく読めました。
 
主人公が、古地図や歴史が好きな刑事という設定で、作中で登場する東京各地の地名の由来とかの説明文が挿入されており面白かったです。
 
ある放火事件で発見された死体が殺人ではないかと一人疑問を抱き、コツコツと僅かな手がかりを元に捜査を進めていく主人公。
 
疑問について、一つ一つ仮説を立て自問自答しながら捜査を進める情景が丁寧に描かれています。
 
ですが、割とご都合主義的に重要人物に辿り着いたりするところは、もう少し捻りが欲しかったですね。
 
「カンコ」という呼び名から、新潟の越後寒川に行って操作人物の実家を突き止めてしまうというくだりなんかが、それはさすがにどうかなと(^^ゞ
 
放火する犯人の動機も、時代といえば時代なんですが、思想的にやはり古くさい感も確かにあります。
 
まあ、でも、主人公が地道に犯人まで辿り着く過程は読んでいて面白く、他の作品にも手を出してみたいと思いましたね。