Walking backstreet(裏道を歩いていこう)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walking backstreet(裏道を歩いて行こう)

40代後半になっても自分の生き方、進む道が分からない男のブログです。「40にしても惑う」人間の悩みや日常の思考などを趣味も交えて書いています。

2月末の退職は…

結論から言うと見送りとなりました。 理由は、自分の部下の退職願いを慰留したからです。 minorthing45.hatenadiary.jp 詳細は上のリンク先記事を読んでもらえばわかりますが、結婚の予定がある女性部下が家の事とかあるので退職したいと相談があり、何とか…

出張続き

先週はほぼ出張で出かけてました。 広島→東京→帰省→大阪 日曜日の休日は、本当に体がだるくて重くて、自分の体力的衰えを感じ、よって翌日の月曜日も休みました。 正直、今週いっぱい休みたいです。 ただ、普通に事務所で仕事しているよりは出張であちこちに…

くるり/WORLD’S END SUPERNOVA

Walkmanに入れている、自分のお気に入り曲のピックアップ記事です。 選択基準は、何度も自分の中でリフレインしたくなる曲。 今回はくるりの「WORLD’S END SUPERNOVA」。 くるり - ワールズエンド・スーパーノヴァ <武道館2004> 当時、衛星放送の音楽チャ…

好き嫌いで仕事をしてはいけない、とは思うけど

仕事そのものの好き嫌いという話しではなく、仕事の中で発生する人間関係の好き嫌いという話しです。 職場で人と接するとき、仕事を頼む時、頼まれたとき、場面は色々ですが、そこでは常に対人関係があります。 しかし、事実だけを見るなら実際には頼まれた…

昼休みに事務所の明かりを消すという美徳観念

僕のいる職場の事務所は、昼休みになると部屋中の明かりを消します。 理由は、しわい話しで言えば電気代削減、世間体の良い話しで言えば省エネ。 まあ、どこの会社でも多かれ少なかれ似たような事をやってるところは多いとは思いますが。 でもね、この時期の…

セルフネグレクトなのかもしれない

headlines.yahoo.co.jp セルフネグレクトという言葉や定義は、今回はじめて知ったのですが、半分、自分のことのように思えてなりませんでした。 この記事のように、ひどい状況にまでは陥ってないですが、根っこの部分は意外に近いのかもと感じるのです。 自…

自分のために頑張ってこなかったのに

仕事で次々といろんなことが舞い込み、進行していくと、どうしても憂鬱になってきます。 なぜかって言うと、その仕事の先に何を見ればいいのかわからないからです。 今の仕事を頑張ってやったところで、自分にそんなに喜びはない。 その先にある目標もない。…

清水冨美加を擁護する派

headlines.yahoo.co.jp 朝のTV番組「虹色ジーン」に出てたぐらいの知識しかないのですが。 坂上忍と僕は年齢的にはあまり変わらないのですが、なぜ、彼があれだけ自信満々に彼女のことを糾弾できるのか理解できません。 しかも、彼女自身やその背景について…

10歳以上年下の女の子にもかなわない

仕事で取引のある会社で、うちの会社を担当しているのは30代前半の独身女性の人です。 その女性とここ最近、一緒に飲む機会がありました。 僕は、その取引先の会社の営業方針というか、やり方があまり好きではありませんでした。 理想論やら机上の数字をいつ…

退職者が多そう

違う支店で働いている、20年以上勤続年数のある知り合いが辞めるという噂話を聞きました。 そいつとは、バンド活動を通じて僕がこの職場に入る前からの知り合いで、僕からすればそいつは年下だけど、仕事では大先輩にあたる人物。 ずっと勤め上げるのだろう…

大雪

降りすぎです。何にもできません(^^; (言い訳)

気持ちの持ちようとはいっても

生きていくなかで、という大げさな話しじゃなくて、普通に生活している上でメンタル的な好不調ってありますよね。 昔はそんなこと考えなかったですが。 好不調はたぶん昔からあったんだけど、そんなこと感じるほどのこともなかったぐらい怖い物知らずだった…

初めて金縛りを経験したよ

初金縛り。 半分は夢、半分は起きているのはなんとなく自覚していました。 ふっと何かの気配が寝ている自分に向かって来るのもわかっていました。 半分は怖かったのも確かです。 そのまんま表現するなら、やっぱりそれは霊的な何かっぽかったから(^0^;) でも…

「自分のブログであらためてわかること」の続き

「自分のブログでわかること」の捕捉的な続きです。 minorthing45.hatenadiary.jp 嫌なことがあった時、不安や悩みに襲われている時、こういう時はひたすら「自分に関する」文章を書く傾向がある。 逆に気持ちが安定している時や、不安や悩みがあまり無い時…

悩み事や不安があると何もできなくなる

もう、タイトルそのままですが、自分のことです。 毎日ギター弾きたいのに、仕事の悩みや不安、ストレスがあるとギターを手に取ることすらできなくなります。 弾いてる時は、不安や悩み事から離れられるとは思うのですが、結局は悩んでいる現実に戻るわけだ…

駄文つらつら

書きたいことがないわけではないですが、書こうと思うと頭の中が無風状態になるという感じが続いております。 精神的な安定が欠けているのが原因かと思われますが、そういう時こそ心に抱えているものを吐き出すと良いとは思います。 今は、なかなかそういう…

あるブログ主の訃報

oitan1961.hatenablog.com 昨年から読み始めていたブログでした。 読者登録はしていましたが、特にコメントしたりとかの交流もしてませんでしたが。 でも、ここ最近更新が途絶えていたもので、ずっと気になっていたのです。 最後の記事が集中治療室に移され…

カルボナーラ風スープパスタ

カルボナーラ風スープパスタと言っても、要は失敗作なんですが(-_-;) カルボナーラが食べたかったのに、牛乳を多く入れ過ぎてしまって、スープパスタで誤魔化した一品。 本場のカルボナーラは牛乳入れないらしいので、その時点でアウトなんですが。 まあ、こ…

納豆パスタ

納豆パスタといいつつも、大葉やシラスをてんこ盛りにした和風パスタ。 醤油をかけて食べるのが美味しいです。 今回のは、パスタを冷水で絞めてその上に納豆やら他の具材をトッピングするタイプ。 ただ、納豆とパスタが意外に絡まないので、最後はどうしても…

誤字脱字変換ミスが多い自分の文章

たまに自分のブログ読み返してみるけど、誤字脱字が非常に多い。 頭悪そうなヤツが書いてる文章みたいです。 (実際に頭悪いんですが) 文章を書くときにあまり、練り込んだり、構成を考えたりする癖もなく、一気にダラダラと書き綴ってしまうからですが、も…

ガンズ&ローゼス@さいたまスーパーアリーナ観戦追記

1月28日(土)に模様を観てきたわけですが、頑張って撮った画像と感想の追記を少しばかり。 前回記事でも書きましたが、ライブ全般を通したトータルの感想は、「非常に良かった」という満足度の高いものでした。 これには「想像していたよりも」とか、「昔のラ…

アメリカが「世界のアメリカ」でなくなる日も近い?

トランプ大統領、すっごいですね。 大統領に就任したら、さすがにトンデモな政策や無茶はしなくなるだろうという大方の予想を裏切りやりたい放題。 ついには、言う事を聞かない司法長官を解雇したりと大暴れです。 アメリカの人達は、本当にこれで良いと思っ…

何をどうして良いかどん詰まり感あり

いつものことなんで、取り立てて今さらという感もありますが。。 死にたくはないけど、このまま生きていてどうなるんだろうかという疑問や、今の仕事に何の意味も楽しさもやる気も失せてしまった状況が、自分自身の存在意義を否定してしまっている感じで、僕…

ガンズ@さいたまスーパーアリーナ観てきた

1月28日(土)、さいたまスーパーアリーナで開催されたGUNS&ROSESライブを観に行きました。 とりあえず今日は簡単な感想を載せておきます。 アクセルの体型変化をいじるのも今さらなんですが、そんなのを考慮しても今回のライブは満足できるものでした。 後…

自分のブログで改めてわかること

記事の傾向というか、カテゴリーやEvernoteにある書きかけの記事を眺めていて、あらためて感じたことがありました。 それは、あまりに落ち着きがない書き散らし方であること、一つのことを追求し深く掘り下げることができないこと、気分によってカテゴリーの…

ストレス発散できる人が羨ましい

嫌な事があったとき、不安に思うことがある時、悩んでいる時、落ち込んでいる時、普通に言われるのは、何か楽しいことをしてストレスを発散させすっきりさせた方が良いよってことですが、、、。 僕はそれができないタイプです。 気分が高揚していて、モチベ…

大雪の日でも出社する社畜

2月23日(月)の朝、アパートの外を見たら真っ白でした。 山陰地方は平野部で久々のどか雪となった模様。 ニュースでは25cmの積雪ということで、当然のごとく道路は大渋滞でありました。 その日は、車で通常20分で行ける会社まで、1時間かけて到着。 雪の日…

入札失敗

うちの会社が手がけている事業で、行政の発注する業務を請け負う契約をして実施しているものがあります。 その事業の起ち上げ責任者だったのが僕だったこともあり、また、行政との契約に関しても当時の自分が手がけた経緯がありました。 なので、その部署か…

身の振り方をあらためて熟考してみる

部下の退職が先行したことで、自分の退職が遠のきそうな雰囲気があります。 もちろん、退職するのは個人の自由ですから、何がどうあろうと自分は自分という態度で退職の意思を強固に貫けば良いのかもしれません。 でも、自分の性格的にどうしてもそれは出来…

隻眼の少女/摩耶雄嵩

摩耶雄嵩氏の作品を読むのは、これが初です。 感想としては、正直驚いたという他はありません。 え?そこをひっくり返す?みたいな印象ですが、ある意味、これを超えるミステリー手法を考えるのは難しいだろうなぁと。 (後半ネタバレあり注意) あらすじ 二…

部下の退職とついでに自分の退職について上司に相談した

管理職である僕の場合、やっぱり、部下から退職の相談を受けたら、自分の身の振り方を後回しにして部下の相談に対応しなければなりません。 minorthing45.hatenadiary.jp もう少し身勝手に振る舞える性格だったら、というか、本質的には自分は本来身勝手なな…

緋弾のアリアAA

もともと「緋弾のアリア」という作品(ラノベ)があり、そのスピンオフ版がこれらしいです。 ちなみに、僕はこのスピンオフ版のみを見ての感想です。 あらすじ 凶悪犯罪に対抗するために「武装探偵」、通称「武偵」が存在する世界。 その武偵を養成する高校…

「君の名は。」は観てないけど、批判されてる状況について。

d.hatena.ne.jp 昨年、「君の名は。」が大ヒットしたのは記憶に新しいところですが、同じ作り手であるプロのクリエイターからの評判が芳しくないという話しをちょくちょく耳にします。 TVのバラエティ番組内で、漫画家の江川達也氏がメッタ切りしていたり、…

モヤモヤさま~ず2~鳥取・島根編の感想

地元山陰に、ついにモヤさまが来たということで、放送を楽しみにしていました。 TV東京系の放送局が山陰にはなく(たぶん、全国的にも少ないとは思いますが)、放送は日曜日の午後に2~3ヶ月遅れとなります。 年明けにやっと放送され、加納アナ後任の福田ア…

中途入社同期で元総務課長だった社員がまた戦線離脱

同期で、同じフロアで働いていたこともある元総務課長のH氏の記事を以前に書きました。 minorthing45.hatenadiary.jp minorthing45.hatenadiary.jp 一昨年、僕が総務部次長で彼が総務課長という立場で仕事を一緒にしていたのですが、その時に精神的に病んで…

また退職希望者の相談を受ける

20代女性の部下から、退職したい旨の相談を受けました。 年末にも30代半ばの女性部下より、出産を機に退職しますと言われたばかり。 minorthing45.hatenadiary.jp なんかもう、目の前真っ暗です。 自分の退職すらままならない、いや、ここまで引っ張ってしま…

クリームチーズ入りトマトソースパスタ

夏場に作り置きして冷凍しておいたトマトソースでパスタを作りました。 でも、毎回そのままあっためてパスタに和えるだけじゃ芸がないので、クリームチーズを入れてみました。 トマトソースとクリームチーズって、やっぱり相性が良いですね。 トマトソースだ…

東京するめクラブ 地球のはぐれ方/村上春樹 吉本由美 都築響一

モヤさまの書籍版みたいな感じで、村上春樹氏を含めた隊員達がモヤッと感じる場所に実際に行ってみたという内容です。 タイトルからしてわかるように、非常にゆるい企画と内容になっており、分厚い本の割りにさくさくと読めます。 TVより先駆け? 名古屋のB…

みんなをまとめるタイプじゃなくどちらかというとガヤ

自分がどんなタイプなのかについて、ふと思いついたという話し。 現在僕は、総務部次長兼課長、いわゆる次長課長の職位に就いてます。 課長の仕事はまだそれでも、具体的に分かるんですが、「次長」って何よ?とずっと思ってまして。 部長代理でもないけど、…

自動車を運転していて思うこと

何度か書いているように、山陰は田舎なのでマイカーが欠かせません。 車を運転しない日は、ほぼ無いといって良いでしょう。 そんな僕が普段思うことが以下の2つ。 夜中の歩行者死亡事故について 夜中に歩行者が車にはねられて死亡したというニュースが、田…

移住したい都道府県は…

news.livedoor.com ニュースになっていた雑誌の調査では、長野県が1位ということらしいです。 ただ、僕の中では、移住したいのは圧倒的に今も昔も東京都ですね。 出張含め、全国各地あちこちへ出かけましたが、東京が街としては群を抜いてユニークでしたね。…

年が明けたけど何も変わってない

いや、それは当たり前の話しなんですけどね。 時間的な概念で言うと、地球が太陽の周りを一周しただけの話しであり、たまたまそのタイミングで僕がそこに存在していただけのこと。 年が明けようが、次の日の午前零時を時計が刻もうが、あくまで物理的な運動…

ファイヤーフォックス

クリント・イーストウッドが監督と主役を務めた作品。 1982年の作品ということで、旧ソ連やKGBが登場するなど時代を感じさせますね。 あらすじ イギリス諜報局が、ソ連がミグ31最新鋭戦闘機の開発に成功したという情報を得るところから話しが始まります。 NA…

大学時代の仲間と飲んだ

大学を卒業して20年以上ですか。 年末か年始に、久しぶりに集まろうという話しになり参加しました。 小中高の同窓会は参加する気になれませんが、大学の仲間と会うのはそこまで嫌じゃない、というかけっこう楽しみだったりします。 サークル仲間なんですが、…

甲本ヒロトがカッコイイこと言ってた

TBSの「なにゆえのカリスマ!?」って番組で、東野幸治がMCやってるやつをたまたま見ました。 その中でニューロティカというロックバンド(僕ら世代ではかなり人気があった)のボーカル、あっちゃんのどこか凄いのかをインタビューされ答えていた一部。 バン…

New Year's Day/U2

Walkmanに入れている、自分のお気に入り曲のピックアップ記事です。 選択基準は、何度も自分の中でリフレインしたくなる曲。 でも、いわゆる、必ずしも名曲ばかりというわけでもありません。 例えば、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」は名曲ですが…

会社で一匹オオカミってあり得るのかという疑問

よく、会社の中で一匹オオカミでやってきたとか、自分流を貫いたとかって話しありますよね? 僕は会社勤めしだして30年以上経ちますが、とても、そんなことを堂々と言える経験は無かったなと思います。 また、一匹オオカミで組織内でやってる人ってのも出く…

ガラにもなく新年会を企画したけど

うちの職場は、忘年会をせずに新年会をやるのが通例となっております。 それが決まり事になっているというよりは、なんとなく毎年そんな感じになっているというところでしょうか。 で、年も押し迫ったところで、年明け最初のところで新年会企画しておかない…

無彩限のファントムワールド

あの京都アニメーション制作ということで、期待した人も多かったと思います。 しかしながら、今ひとつだったなというのが自分の感想。 さすがに画は綺麗です。 でも、ストーリーに面白味が感じられず、コメディなのかシリアスなのかも中途半端な印象でありま…

目の前の問題から目をそらすタイプ

仕事していて思うのが、目の前に自分の手に負えそうもない問題が発生すると、どうしてもそこから目をそらし、見なかったことにしたくなります。 そうして時間が過ぎるのを待ちます。 時間が解決してくれるものもあれば、そうならないものもあり、その時は結…